MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U8活動報告 9/18

2017.09.24

9/18(月祝)台風一過の晴天の中、2年生は「第38回ラグダイヤ杯」に2チームで参加してきました。

全24チームが参加する大きな大会で、日ごろの練習の成果を試す絶好の機会です。

img_7169

ここ数試合で取り組んでいるフォーメーションを基に、みんなが少しずつ異なるポジションを経験することを今回も継続しました。

毎試合、その日の参加メンバーで技術的に均等となるようにチーム分けをしていますが、今回は初めて現時点での技術レベルや経験値を考慮したチーム分けにしました。

それでもやることは変わりません。

練習でやってきたことを試合でチャレンジすること。あとは思い切り楽しむこと♪

いつも通り、両チームとも同じフォーメーションで、チーム毎に分かれてポジションと動き方の確認。

img_7109

試合での実践を繰り返す中で、また色んなポジションを経験することで、少しずつサッカーに対する理解度を高めていきます。

この積み重ねが経験値として状況判断の基準となり、過去に経験した同じ場面に遭遇した時、とっさの判断ができるようになっていきます。

まずは、全員の共通認識である「守備」の想定問題をコーチがボードを使ってシミュレーションしながら説明していきます。

img_7107

この時がいつも問題。

しっかり話を聞けている人、

コーチが話し出して数秒後には隣の試合が気になっている人、

そもそも上の空の人。。

練習の時でもそうですが、ここですでに差が出ていますね。

貪欲に聞けている人は、練習でも試合でもチャレンジができています。結果論は別にして、このチャレンジすることが一番の成長の源。

チャレンジしてますか?

 

img_7182img_7149

img_7164

いざ、試合となると「俺が俺が!」の自己主張ドリブル全開(笑)

ところどころでは、自分と離れている仲間を見つけてパスが出せる場面も。

まず、ドリブルを始める前の準備として、顔を上げて周りの状況をちょっとだけでも見てみよう。

目の前に壁があっても突き進もうとしていませんか?

えっ、見たらわかるって?

でも見てないよね〜。だから、ガンガン相手とぶち当たるよね〜(笑)

痛い思いをしてまでドリブルで進むのが辛かったら、ちょっと顔を上げて見てみよう。違う道が見つかるかも!?

img_7155

クラクションが鳴り響いてるがごとくの、前が見えない大渋滞!

ここは狭い一方通行の道ではないですよね〜。抜け道はどこに!?

オフサイドはダメですが、ちょっと人気の少ないところで待ち構えているくらいの「サッカー的ズル賢さ」も必要。

あ、そのためにポジションがあるんじゃなかったっけ!

あ、そういえばあんまりコーチの話を聞いてなかったか〜!残念!

img_7117

でもね、「これでい〜んですっ!」(ジョンカビラ風)

何故なら、いつまでもこのダンプカー的ドリブルは通用しませんから、自ずと違う道を探し出します。

そのヒントは、ポジションを理解することであったり、日頃から正しい姿勢で、かつ顔を上げてのボールタッチを心がけることであったり、仲間と目を合わすことも練習では取り組んでいますよね〜。

img_7129

あ、男前が映ってる〜(笑)

見とれてる場合ちゃうで〜、さあ試合へ戻ろう。

img_7184

と、言う間に表彰式。

img_7187

記念撮影もだいぶん様になってきたかな?

一番大きなトロフィーは頑張ったご褒美!おめでとう!

締めは、遠くまで送迎していただいたお父さん、黄色い声援の後押しをしていただいたお母さんに「ありがとうございました!」

img_7190

最後になりましたが、素晴らしい大会を主催され、ご招待いただきましたAVANTI茨木FCさん、対戦していただきましたチームの皆さん、本当にありがとうございました。

また今後ともよろしくお願い致します。


大会結果

◆Aチーム

予選リーグHグループ(1位通過)

vs 高槻南AFC ◯

vs CAOS FC ◯

1位トーナメント(優勝)

vs ヴィトーリア松原FC ◯

vs 石切東FC ◯

vs FCフレスカ神戸 ◯

◆Bチーム

予選リーグDグループ(3位通過)

vs 山田くらぶ ●

vs 枚方FC ●

3位トーナメント

vs 芥川Jr.ドリームス ●

vs ジュエルスFC ●

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727