MENU

長岡京SCジュニアユース(U-15)

【1stタッチの重要性!ここでプレーが大きく決まる!】

2016.11.04

11月4日(金)の練習では、数的優位を活かした中でのポゼッションのトレーニングを行いました!

その中でも、中村監督が特に強調していたのが「1stタッチを動かす」ということ。
足元に止めるのではなく、動かすことが重要です。

人間、止まっているものは捕まえやすい。動いているものは捕まえにくい。単純な原理です。
しかし、サッカーとなると、止まって足元にボールを止めてしまうことが多々あります。
足元に止めることでDF はボールを狙いやすくなり、次のパスコースを読まれやすくなってしまい、結果ボールロストに繋がります。

ボールを動かすことで、パスコースを能動的に作ることが可能となり、それによりDFが変化し、さらにスペースが生まれる。
もちろん、全部が全部1stタッチを動かせば良いということではありませんが、動かす意識を常に持つということがプレーの選択肢を広げることに繋がるのです。

長岡京SC ジュニアユース 川田雄一郎

20161104_092754862_ios

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727