MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U9:関大カップ(5/28)

2017.06.01

3年生は、塚原サンクラブさん主催の大会に参加しました。

今回のテーマは、「早いプレスへの対応」です。一般的に、カテゴリーやレベルが上がるにつれて、ゴールに近づくにつれて、相手プレスは早くなります。早いプレスを避けるため、敵がいないスペース(外、後)でボールを受ける事は、自分達のリズムを作るためにボールを奪われない観点では必要な技術ですが、「早いプレス」に対して問題を先送りしている場合もあります。これから、更にレベルアップするには、問題と向き合う事も必要でありテーマとして取り組みます。

20170528-1

 

今回の試合では、テーマに対し「相対速度と幅の関係」を参考にした対処法を説明し試合に挑みました。ドリブル練習の際、コーンに当たらない最大前進速度が10である選手は、相手が速度8で奪いに来た場合、ドリブル前進速度が2以上になると、コーン(敵)にぶつかる理論であり、今回は対策として、前進速度、幅をどう考えるか?という事に焦点を当てました(実際には他要素も必要であり、相手が20できた場合などは、以降の取り組みにします)今回は現練習に理論を加え、相手が早く奪いに来た時こそ、前進速度を落としてかわす考えを持つだけなので、注意深く観戦していても気づきにくいのですが、対処説明をした例と同じ場面があった事は、偶然か?必然か? ただ、守備要素として横展開できた事は大きな収穫となりました。今回はテーマに対して物理を引用したのですが、能力向上にはサッカー以外の分野に多くのヒントがあります。これらサッカー外の要素も取り入れ、実技(練習)の熟練度を上げる事で、これから選手としての伸びしろを増して欲しいです。サッカーの情報が溢れる中、人と同じ道を通り果実を奪い合う事も良いのですが、自分で道を開拓し新しい果実を探求する事も学び、今後の選手思考の糧になる事も願います。大会で優勝できた事よりも、選手達がテーマに限らず「新しいチャレンジ」をたくさん出来た事が何よりも喜ばしい事です。各選手とも、今回出来なかった事が次の試合で出来る様に、期待しています。

20170528-2

 

塚原サンクラブの皆様、対戦頂いた皆様、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

おまけ)

同じ会場であったSS4年生の試合を観戦し、改めて、先輩達の様な選手になりたいと願う3年生達でした。

20170528-3

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727