MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U10活動報告(11/28. 11/29)

2020.12.03

11/28(土)

この日は練習。

いつもそうですが、練習の多くの時間を1対1に割いています。やはり基本は1対1。攻守ともにそこで圧倒的に負けていたら全くサッカーになりません。

まだまだ、もっともっと伸びてほしいと思います。

ゲームではGチームWチーム混合、別々、両方行いました。

色々な状況でのゲームも体感してもらいます。

この日は冒頭に全国大会へ行く6年生へ応援メッセージ動画を撮影。

イヤがる事も無く、素晴らしい出来で、10分前に伝えた内容をほぼ一発OKでバッチリ。

こういう所は、サッカー「だけ」の人間ではなく、人間性や頼もしさの成長もしてくれてるなと感じ、非常に嬉しく思いました。

6d206d96-b632-4c0c-9261-d7c8b2aab7e3

中身もジャージも超カッコいい!

 

11/29(日)

Wチームは鷹峯さん主催TMに参加させていただきました。

怪我人が出ているため、特定のポジションを複数の選手にやってもらい模索します。

全体の課題は前日練習同様1対1としましたが、ディフェンスが‥  まだまだ‥

良い練習になりました。継続して意識してもらいます。

鷹峯さん、ありがとうございました!

caf212f7-5236-4921-ad65-21a05c35f0af 5580559d-0202-45b8-bca0-a2db26a0aa49

 

Gチームは加茂さん主催カップ戦に参加。

この日はあまり良い試合は無く、結果は3位。

一番良くない試合は3試合目。試合中、どういう状況かを何人かは把握できていましたが、自ら効果的に打開策を実行することができず前半は0-0。ハーフタイムにコーチから簡単なことを伝えて、後半は3-0で勝利。

これでは全然ダメです。

ある有名な監督も言いました。

「ピッチで指示を待ち続けていたら、試合には負けてしまう。私が望んだのは、対戦相手のことを考え、敵にとって危険な地帯へ進入していくプレーだ」

先日の日本代表vsメキシコ代表もそうですが、サッカーは技術はもちろん、状況把握し、駆け引きする事も重要です。

レベルは違えど、試合をするかぎりは小学生でも同じ。

コーチに言われないとどうすれば良いかわからない、コーチがドリブルかパスかを決める、すべてコーチの言う通りにしか‥なんて、サッカーの面白さ半減でしょう。主役は自分(選手)。

サッカーは目まぐるしく状況が変わり、途中でタイムもありません。

今はドリブルで打開するのか、今はパスで打開するのかなど、人の頭ではなく、自分の頭で考えるから成長します。それもサッカーの楽しさの一つのハズ。小学生なりに考えゲーム(試合)を楽しんでほしい。

そのためのヒントやコツをみんなに発信する事、それを発揮向上する環境を提供する事、叱咤激励する事がコーチの仕事です。

もちろん技術も絶対大事です。これは当たり前。

状況を把握して打開策がわかっても、技術能力が足りなければその打開策を効果的に実行できません。

こちらも欲深く、もっともっと高めていきましょう。

ご招待いただいた加茂さん、対戦していただいたチーム関係者の皆様、ありがとうございました!

b014be28-551e-4af1-a7e5-69832a2249a7

0573244d-31c2-4992-a119-21e62eab87b7de9227ac-a96d-4893-b0cc-19ab7eda9714

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727