MENU

長岡京SC スクール

『次を見据えたプレーを意識することが、プレー一つひとつの幅の広がりとなり、より良い次のプレーへと繋がる!』

2020.10.14

From:田中 康平

 

10月14日(水)はパス&コントールをトレーニング!

10月14日は、鉄道の日と制定されているみたいです。

今では、電車は必要不可欠なものと言っても過言ではありませんよね!

仕事で会社に行くのも、プライベートで遊びに行くのも

近場であっても、遠方であっても、移動手段として使いますよね!

近場であれば各駅停車の電車、遠方であれば新幹線、近い遠いにかかわらず便利な乗り物ですよね!

さらには、新幹線よりも速いリニアが計画されていますよね!

1872年10月14日の鉄道の開業のときは、東京の新橋~神奈川の横浜の区間でしたが、

今では、日本のほとんどの地域に行くことが出来るようになり、

しかも、目的地に速く行くことも、ゆっくり行くことも出来るようになっていますよね!

電車があるのが当たり前、どこにでも行けるのが当たり前、速く行けるのが当たり前ではなく、

ありがたいことであったり、感謝すべきことだと思います!

よく言うこと・よく聞くことだと思いますが、

サッカーでも、トレーニングや試合が出来ること、チームメイトがいること、審判がいることなどなど

数えきれない、ありがたいこと・感謝することがありますよね。

そういうことを感じれる選手になってもらいたいですね。

08e9cd51-ffce-42d2-b13e-4ac630b58c59

 

 

それでは本題のトレーニングです!

コントロールの次に行うプレーはパスだけではありませんが、コントロールがただボールを止めるだけになってしまずに

パスも出せる状況をどれだけ作れているかが大事です!

そうするとプレーしているエリアにもよりますが、シュートも出来たり、ドリブルも出来たりと、

プレーの選択肢の幅が広がると思います!

46d2a946-54f1-4a77-95eb-8587d920eb44

 

 

パスを出せるコースにはいるのに、パスを出せる状況ではない。

パスを出せるコースを作れたのに、パスを出せる状況ではない。

他にもたくさんの状況もあると思いますが、こういうシチュエーションは多くあると思います!

ba8db41d-c2d0-4441-9bcb-79cbd0b50a41

 

 

このようなシチュエーションときの多くは、

ボールが蹴れる位置・蹴りやすい位置にないことがほとんどのように思います!

コントロールが乱れてしまった?

パスコースを狙うために運ぼうとしたタッチが大きくなり過ぎた?

身体の向きがズレてしまった?

406bd3d2-9757-40ab-82ab-1ef366197cfc

 

 

どんな理由でも、やっぱりボールが蹴れる位置・蹴りやすい位置にあるかどうかで、

パスが出せる・出せないという結果に繋がっていると思います!

8a23311f-e19c-435b-988a-031a347ceb6d

 

 

なので、パスを出そうと考えている次のプレーがあるのであれば、

パスが出せるようにコントロールをしたり、ドリブルをしたりと、

次のプレーのことを考えながら今のプレーを行うことが大事になってくるはずです!

1c6382a5-33f3-4bdf-8ae5-871bbe287f4f

 

 

本日参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727