MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U9:FC Grasion CUP (4/22)

2017.04.28

3年生は、FC Grasionさん主催のカップ戦に参加しました。

今回のテーマは、「ボールの無い時に何をするか(オフザボール)」として試合に挑みました。

試合中、1人の選手がボールに触れる時間は僅かであり、多くの時間はボールに触れない時間として費やします。この時間「何も考えずに過ごすか」「ボールを直視し1つの事だけ考えるか」「多くの予測に対する準備をするか」は、ボールに触れる時に大きな差として表れます。「予測」とは、自分を軸とした事象(攻撃、守備、ボールを受けるとき、奪うとき、)、他者を軸とした事象、集団を軸とした事象、、、など、挙げられますが、まずは、チーム内の試合規則であるカバーやサポートに対する予測を意識してもらいました。「準備」とは、角度(姿勢、視野、、)、距離(位置、距離間、、)、時間(判断、動作、タイミング、、)、数(予測、思考、経験、伝達、認知、、)などの概念が挙げられますが、時間がかかる要素は練習で習得し、試合では目に見える準備を意識してもらいました。ちなみに、最近練習している「ファーストタッチ」は「予測や準備」と隣接したテーマであり、相乗効果でのレベルアップを見込み、引き続き取り組みます。

20170422-1

 

オフザボールは、試合中に限った事ではありません。通常、終日試合(大会)の場合、試合をしている時間の数倍以上の時間は、試合をしてない時間として費やします。更に、1週間にサッカーで拘束される時間は僅かりであり、当然、拘束されてない時間が圧倒的な比率を占めます。これら「試合をしてない時間」「サッカー拘束外」に何を考え、何をするか、数年が積み重なると大きな差として表れ、冒頭の「試合中のボールの無い時に何をするか」にも反映されます。注目されやすい結果(オンザボール)は、これら過程(オフザボール)の積み重ねであると認識できる成功体験は、これからサッカー外でも役立つので、全選手に経験してもらいたいです。今回の試合では、オフザボールの一環としてサッカー以外の指摘が多かったのですが、同じ事を何度も言われない様に、次の試合は意識できるか楽しみにしています。

20170422-2

 

おまけ)

初めてのPK戦。みんなが1つのボールの行方を見守りました。

20170422-3

 

結果は、

20170422-4

 

FC Grasionの皆様、お世話になりありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727