MENU

長岡京SC スクール

『熟考。百考。追考。ただどれもプラス思考!そして気持ちは率先躬行!!!』

2020.07.08

From:田中 康平

 

7月8日(水)は、ボールフィーリング・ドリブルをトレーニング!

6年前の7月8日は FIFAワールドカップ の準決勝第1戦が行われ、ブラジルがドイツに1-7の惨敗を喫した日です!

ブラジル代表といえば、強い・巧い・毎大会優勝候補としてあげられるチームです!

たとえブラジルが負けるとしてもこんなにも大敗をするなんか誰しもが思ってもいないチームだと思います!

メンバーもヨーロッパの名立たるクラブチームやブラジルの強豪チームで活躍する選手がいます!

そんなチームでも負けることがある大敗することがある。

ドイツもブラジルと同等のレベルであり、結果としてドイツが優勝しました!

勝つには優勝するには技術的な強さ・巧さなどと「何か」が必要なのかなと思います!

考え方は人それぞれだと思いますが、その「何か」を少し考えてみることもいいのではないでしょうか?

e124b70d-0bc6-4338-b695-7392c5698993

 

 

長々と書いてしまいましたが、トレーニングに入っていきましょう!!!

今回も【前回】に引き続き、スペースを意識していきます!

意識付けとしてこんなトレーニングを行っていきます!

74a54f53-1525-410d-a634-173bf88d0fb1

左下の攻撃側の選手は向かい側の赤線を突破出来れば勝ち!

右上の守備側の選手は突破されないようにタッチが出来れば勝ち!

観ての通りシンプルなトレーニングですが、

このようなトレーニングからどう突破すべきかを考えながら行えるかが大事です!

c3a43732-ba79-4145-a8c7-4e12df1de1bd

 

 

このトレーニングで攻撃側が上手くいかない場面でよく見かけるのが、

守備の選手を必死に抜こうとしたりかわそうとしたりして、詰められてタッチされてしまう。。。

図ではサイズ感が伝わりませんが、1辺が1メートルぐらいで守備の選手を抜かないと突破できないような距離ではありません!

相手がいない方に進むこと(スペースがある方に進むこと)で突破をしてみようというトレーニングです!

fff41535-5de2-4753-9f98-d3065cd49ad5

 

 

これがドリブルで行うとして考えてみると守備の選手に向かって行くと

ボールを奪われてしまう可能性は上がり、突破できる可能性は下がるはずです!

なので、いかにスペースを使いながら進んでいけることの大事さに気付くことが出来、

だからこそ、シンプルなトレーニングでどうすべきかを考えて行っているかも大事ですね!

d95a4924-eaaa-49ae-834d-9e1461ed0197

 

 

1つだけトレーニングの紹介をしましたが、

このトレーニングが次のトレーニングや試合に繋がっていくと考えると

このトレーニング1つから意識して行えるとより良くなっていくと思います!!!

9cc39395-a503-416b-9b58-974816fe375a

 

 

次回のトレーニングも考えること意識することを増やせるように取り組んでいこう!

トレーニング終盤、雨が降ってきましたが最後までよく頑張りました!!!

 

本日参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

次回の参加も楽しみにしています!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727