MENU

長岡京SCジュニアユース(U-15)

『TMvs葵フットボールクラブ戦!久しぶりのトレーニングマッチ!今までの積み上げを発揮することが出来るか?』

2020.07.05

From:上野 敦也

 

7月4日(土)は桂川緑地久我橋東詰公園にてトレーニングマッチを行いました!!

 

 

久しぶりのトレーニングマッチ!

新入団選手も入り、初のトレーニングマッチ!

 

 

前日から、システムはどうしよかな?

誰をどこで使おうかな?

といろいろと考え物凄く楽しみいしていました!

 

 

葵フットボールクラブさん、トレーニングマッチをして頂きありがとうございます。

 

 

考えていたシステムは4-4-2か4-2-3-1。

トレーニングではパス&コントロールとビルドアップを積み上げてきたので、この試合でどのようにビルドアップが出来るのか楽しみです。

df625f9d-ea0f-4699-bafa-342abd920f95

 

 

システム的には角度が付きにくいシステムなので、それを自分たちでどのように角度をつけていくか?

間の選手を意識しながら「ボールを保持しながら意図的に前進」することを試合で試そうとしましたが・・・

 

 

グラウンド状況が・・・(笑)

0858561a-09f8-469b-a8df-944677f70b18

 

 

アップの段階からぐちゃぐちゃです・・・(笑)

ボールを動かすどころかサッカーになるのか?(笑)

このような状況でも試合が出来るということは嬉しいこと!!

 

 

この中で出来ることにチャレンジしてきましょう!

 

 

ミーティングでは「チームとしてやりたいこと」「この状況で出来ること」を話しました。

チームとしては「ボールを保持しながら前進したい」しかし、このグラウンドの状況でショートパス中心にボールを動かすことは難しい。

このような状況の時は戦い方を変えよう。

と伝えました。

a41e66ce-436e-4c6a-b7f7-4479ff31c098

 

 

シンプルに相手の背後を狙い背後に蹴りこんだ時にDFラインをしっかりと押し上げて、相手を押し込むことを狙います!

 

 

いざ試合が始まると、このグラウンド状況の中でもアングルを作りボールがポンポン動ごくシーンも

これにはびっくり!!

まさかここまで出来るとは正直思っていませんでした・・・(笑)

98ec18d3-7aba-48fa-8ba9-c1b95bbe28bf

 

 

1本目を終えた時にはグラウンドはよりぐちゃぐちゃ。

これはもう普通のインサイドキックが止まるレベル!(笑)

 

 

こういう状況の時、普段のトレーニング時からアウトサイドを使う癖がある選手や、前向きの準備が遅い選手は本当に苦労します。

ただでさえボールが止まるのに、前向きの準備が遅く前にボールを蹴る準備が出来ていなかったら相手に詰められてボールを失う回数が格段に多い。

631e3db0-5aba-42f7-ac48-135251343930

 

 

アウトサイドでも同じことで、インサイドキックでもボールが止まるのに、苦し紛れのアウトサイドキックだと余計と止まります。

もはやすぐ目の前で止まっているレベル!!(笑)

cf8aaa08-f4ce-4b9a-856c-e8f8b4bb995a

 

 

このシーン、今回のトレーニングマッチでは本当に顕著に現れました。

 

 

だからこそ普段の積み上げが非常に重要。

 

 

この状況で25分を6本はまあまあしんどそう。

でも試合が出来たことに感謝!!

8bbdb295-3ce6-4b63-9d79-71f829d8f7c9

 

 

葵フットボールクラブの皆さん、ありがとうございました。

またぜひお願い致します!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727