MENU

長岡京SC スクール

「困らす、迷わす、惑わすドリブル!これがドリブラーのPerformance!」

2020.02.19

From:田中 康平

 

2月19日(水)はボールフィーリング・ドリブルをトレーニング!

2月19日は1年を24等分して約15日ずつに分けた季節の1つで「雨水」と言います!

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味です。

春一番が吹く頃で、季節が春に向かっていきます!

季節の変わり目、体調に気を付けながら、サッカーも頑張っていきましょう!

b12a2096-8863-49d9-a8b4-31bacff077be

 

 

それではトレーニングです!

ドリブルをしていて相手が奪いに来たらどうしますか?

逃げるようなドリブルをする?

パスをする?

ee905dc6-0940-4bbf-a3b8-e932576b54fb

 

 

相手にとっては奪いに行こうとしたら

逃げてくれる

パスしてくれる

となれば相手は守りやすく怖さのない選手になってしまい

逃げたところを別の相手に狙われてしまったり

パスしたところをカットされたり、パスを受けた選手が狙われてしまったりと

結局、ボールを奪われやすくなってしまいます!

78980031-8c30-4546-8fa1-1293b2ded5be

 

 

この局面を打開するにはどういった手段があるのだろうか?

やっぱりボールを奪われたくないからボールを失わないドリブルやパスをする?

ダメもとで奪われてしまうかもしれないが相手に突っ込んで行く?

cdd606f7-aacc-4a01-9d4e-3d0ce837e6bc

 

 

この局面で有効になるのはフェイントではないでしょうか!

フェイントとは・・・

相手を惑わす見せかけの動作のことを指します!

f639b31b-f6c9-4f01-bd8e-5902711a9a7e

 

 

逃げるドリブルをすると思わせておいて再びゴールに向かってドリブルをする

パスをすると思わせておいて再びゴールに向かってドリブルをする

このように別の選択をすると思わせることで相手を惑わし、

かわしていけること・抜いていけることの可能性がグンと上がります!

6d7b3a6e-0aa3-4ad8-9ad5-453afd4fc086

 

 

フェイントも色々あります!

身体だけ右に動くことで右に行くと思わせておいて相手の左にドリブルをしてかわしていく!

→ボディーフェイント

ボールを左に蹴るかのように思わせておいて相手の右にドリブルをしてかわしていく!

→キックフェイント

ゆっくりのドリブルで今にも止まりそうと思わせておいてスピードを急に上げて相手をかわしていく!

→緩急のフェイント

9cd3d26f-154c-469c-a143-1c6f842f4bc5

 

 

これをどれだけ相手に「◯◯しそうと思わせれるか」がポイントです!

d2ad889b-9108-484f-b84b-2e107a0bf5e1

 

 

より惑わすにはそれぞれのフェイントの動作を大きくかつリアルに出来るかです!

右に動くにしても、頭だけ右に振るような動きでは上手くいきません!

身体全体を1歩右に踏み出すぐらい動かすことにリアルさを感じ、相手はついていかないと思う動きから

左に動きを変えることでより相手と距離が生まれかわしやすく抜きやすくなります!

58056f4c-9307-4630-9dea-e43af423e5a6

 

 

他のフェイントも同様でフェイントに使う動きを実際に行うかのようにすることで、

相手は惑わされ、ドリブラーが相手とより距離を作ること・時間を作ることが出来、

奪われずにゴールに向かってドリブルが出来ます!

03526cf9-061a-4d9e-9b3d-fa372de5c741

たくさん相手を惑わすことは出来たかな?

 

本日参加してくれた皆さま、ありがとうございました。

次回もたくさんの参加、お待ちしております!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727