MENU

長岡京SCレディース

「3人目の動きをポゼッションの中で行いながら、コロコロと守備側の目線を常に変えていく!」

2020.02.14

From:川田 雄一郎

 

2月14日(金)@長岡第4小学校にてトレーニングを行いました!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0007

 

 

今回のトレーニングは、「3人目を意識したポゼッションの構築」。

わかりやすく言うと、次はここだな?と相手がわからないようにしたい。

ここだな?え?あれ?ここ?!!!いや、こっち?!!

そんな風に相手守備者の目線がどんどん変わるような状況を作りたい。

 

その前に補強トレーニングからスタート!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0008

 

 

次にラダーからの、

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0006

 

 

股関節トレーニング!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0005

 

 

相手の目線が変わる瞬間というのは、例えば、

①背後へのパスを通された時

②間を通されてしまった時

③ドリブルで逆を突かれてしまった時

こんな瞬間ではないでしょうか?

この状態を意図的に作り出し、しかも意図的だということを選手たちが理解しているという状況を作りたい。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0004

 

 

ロンドでどんどん目線を変えていくトレーニングから!

隣の選手にパスを出すのではなく、一つ飛ばして守備の目線を変えてあげる。

特に間へのパスは守備者の目線が一気に180度変わるので、さらにボールを動かせる状況を作りやすい。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0009

 

 

さぁ、どんどん人数の多いポゼッションに入っていきます。

さらにボールフォルダーにプレッシャーがかかる状況下でのボールポゼッション。

いかにして奪われないようにしながらもボールをキープすることが出来るのかをトレーニング。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0015

 

 

このトレーニング、リターンパス無し。

リターンが無いので、安易に隣にパスをするとミスになる可能性があります。

なので、自分の近くの選手ではなく、遠くの選手を見ておく必要がある。

遠くを伺うことで、視野も広がる。

そして、リターンが無理なので、隣の選手にパスを出した時にその選手からもらうことが出来ない。

なら、どうする?ここです。ここがこのトレーニングの肝。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0016

 

 

選手たちにヒントを与えたのは、自分がパスを出したあとのことを考えながらプレー出来ているかどうか。

で終わってしまうと失敗しますよね? は無理なので。

でも、これならOK。この状態を相手が必死でボールを奪いにくる状況で作ることが出来るか?

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0017

 

 

アイデアひとつでプレーが変わる。

そう、3人目の動きを使えば。。。。。笑

答えをギリギリのところまで言わず、選手たちの口から答えが出るようにコーチングを促しているつもりです。

それが選手たちが自発的に考えるようになる仕組み作りかなと。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0018

 

 

今日も1日頑張りました!

さぁ、週末もみっちりトレーニングしていきますよ!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28520389_200214_0013

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727