MENU

長岡京SCレディース

「腕の使い方×ボールの置き所×腰の使い方!身体の様々な部位を使ってボールをキープ!」

2020.02.07

From:川田 雄一郎

 

2月7日(金)@長岡第4小学校にてトレーニングを行いました!

今回のトレーニング、水曜日からの続きになりますが身体の様々な部位を使ったボールコントロール方法の習得。

ざっくりいうと相手にボールを取られない選手になってね?その方法を教えるね!という1日です。笑

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0018

 

 

ウォーミングアップは楽しみながらボールフィーリング!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0021

 

 

足よりも意識がしやすい手でまずは基本のベーススキルの理解力を向上させていきます!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0026

 

 

水曜日に行なったトレーニング、ちょっと復習がてら行います。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0029

 

 

忘れている選手、多いのではないかなー?と思いきや、みんな結構覚えてる!

腕をしっかりと使ってボールをコントロール出来ている!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0032

 

 

では、今日はそこからまた発展して、腕だけではなく腰の使い方もトレーニングしていきます!

(かなーーーり細かいスキルになりますが、細部が一番大切だと思っているのでそういった細かい部分にはしっかりと時間を使って教えています。)

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0033

 

 

腰というより、お尻といった方がわかりやすいかもしれませんが、自分がコントロールしているボールを膝が伸びきった状態でコントロールしていると守備側にタックルされた場合に一発で自分の重心が動いてしまい、バランスを崩します

まずこのバランスを崩すということを修正。

しっかりと膝を曲げて、腕を使い、自分のお尻を相手にぶつけてコントロールする

(スクワットしている人のようなイメージです!)

 

キープの指導方法の順序としては、、、

①腕の使い方によるプレーエリアの確保

②足の使い方によるプレーエリアの確保

③腰の使い方によるプレーエリアの確保

上記3つの方法を細かく伝えていきます!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0001

 

 

重心が安定する体勢を作ることが出来ればあとはもう各自が自分の形を持つようになり、コントロールの正確性もアップ!

まだ考えながらでないと出来ない選手たち、これが無意識で出来るようになれば余計なことに神経を使う必要もなく、余裕が出てくるのでさらにプレーの質が上がってきます!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0002

 

 

体勢が崩れるであろうオーガナイズでトレーニング中。

楽しそうにこけてる選手も。笑

たくさんこけて、出来るようになりましょう!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0006

 

 

今日も1日頑張りました!

2月は試合よりもトレーニングが多い月となります。

試合(発表)も大切ですが、トレーニング(稽古)も重要!

学ぶことが目的なので、今月はしっかりとトレーニングしていきたいと思います!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_28393250_200207_0004

 

 

ではまた!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727