MENU

長岡京SC スクール

「思い通りに!狙い通りに!出来ることがコントロールである!」

2020.01.24

From:田中 康平

 

1月24日(金)はパス&コントロールをトレーニング!

昨日のことですが1月23日は「ワンツースリーの日」というみたいです!

「1(ワン)2(ツー)3(スリー)」の語呂合わせから、

人生に対してジャンプする気持ちを持とうという日。 何か新しいことを始めるきっかけの日。

として制定されたみたいです!

みんなもサッカーのことでも、サッカー以外のことでも何かを始めてみませんか?

6b8d457b-cb29-47c4-bb8f-1157fe04e8df

 

 

今日はコントロールに的を絞ってトレーニング!

コントロールって簡単そうに見えて難しい!

思っている以上に難しい!想像以上に難しい!

f7dc030b-08fe-4f31-b24b-95f23d1128d0

 

 

どんぴしゃりと自分の目の前にゴロのボールが寸分の狂いもなく

向かってくるのであればいいのですが、そういうわけにもいきません!

ゴロのボール

浮いたボール

遅いボール

速いボール

回転のかかったボール

無回転のボール

これらが組み合わさったボール

速くて浮いたボール

遅くて無回転のボールといったように多種多様なボールがあります!

190290a0-8b0b-4d39-b457-ab7c11823189

 

 

しかも目の前にボールが来るとは限りません!

ズレたところに来ることもあります!

ズレと言っても左右のズレ・前後のズレ・上下のズレ

こういったことを考えるとこれらのボールを

どれも同じ様にコントロールするとなると決して簡単ではありません!

dc2f76e4-998b-4a33-a1c7-3fd52fe6144e

 

 

多種多様のボールのコントロールの精度を上げるには、

身体の正面でコントロールすること

インサイドでコントロールすることが大事です!

0339cac4-4678-4027-9c6c-0c6937a0a710

 

 

身体の正面でコントロールするのは、

身体のバランスが崩れることなく安定した姿勢でボールを扱えることと

例え上手くボールを扱えなくても身体にボールが当たり

この1プレーでボールを失ってしまう可能性を下げることが出来ます!

ですが、身体の正面ではなく足先でコントロールをしようとすると

軸脚が動かずコントロールする方の脚だけを伸ばしたりして

身体のバランスが崩れ不安定な姿勢でボールを扱うこととなり

コントロールも乱れてしまいますし、

上手くボールをコントロール出来なかったらボールが流れてしまい

相手ボールになってしまう可能性が上がってしまいます!

b82e4947-de8c-4a95-ab17-f1fc46035adc

 

 

インサイドでコントロールするのは、

以前の記事】でも書きましたが、インサイドは足の内側で土踏まずの上辺りのことを言います!

ここに当てることで足とボールが当たる場所が広く、面も平らになっているので、

ボールをしっかりととらえることが出来、意図したところにコントロールしやすいです!

ですが、インステップだと足の骨格的に丸みを帯びているので、

やっぱりインサイドよりコントロールは難しくなります!

アウトサイドも身体の構造的に面が外を向いているので、

これもインサイドよりコントロールは難しくなります!

f9412ad7-8417-4f91-b193-5971795bdd05

 

 

なので、当たり前のように思いますが、

身体の正面でコントロールすること

インサイドでコントロールすること大事なのかを理解できれば、

よりこのことの重要性が深まり、プレーが変わってきます!

a7e238a1-75bd-4745-ade9-016f83c613b8

 

 

 

トレーニングを観ていても出来ているときと出来ていないときでは、プレーが違っています!

 

本日参加してくれた皆さま、ありがとうございました。

次回の参加もお待ちしております!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727