MENU

長岡京SC スクール

「丁寧なシュートと美しい身のこなしがジョイントされることで、ダイナミックなシュートが打てる!」

2019.12.13

From:田中 康平

 

12月13日(金)はシュートをトレーニング!

現在、男女日本代表がEAFF E-1サッカー選手権(東アジアサッカー選手権)が行われています!

ぜひ試合を観て、参考にしてみてください!

1c023fb9-5a3a-4ab1-8776-f88ad3a686d0

 

 

それでは今日のキーワードは「股関節」です!

そして習得したいしたいシュートは分かりやすく言うと「弾丸シュート」です!

88c5edbd-ea28-4aff-b83e-652acbd0e44c

 

 

弾丸シュートは、

ライナーの様な、地を這う様な軌道で、

強さのある、速さのある球速で、

真っ直ぐ前に、一直線に飛んでいく球種で、

見たことはないですが、文字通り、弾丸が飛んでいる様なシュートです!笑

75f34f23-b602-4b73-86e5-0dadede7e15f

 

 

この様なシュートを打つには、股関節の動きが非常に大事になります!

この動きが大きければ大きいほど強いシュートが打てます!

この可動域が大きければ大きいほど強いシュートが打てます!

可動域が大きい上に、可動域の最大限で動かすことが出来れば、

力のある速さのあるシュートが打つことが出来ます!

8777c9a2-7838-43b3-9478-ae525faf2954

 

 

他の競技に置き換えてみても同じです!

野球(バッター)・ゴルフ・テニスの様な道具を使う競技でも、

強い打球を打っているときは、バット・クラブ・ラケットを

大きく後ろの方から前の方に振っていると思います!

(もちろん身体の動きがあってのことです)

サッカーの様に身体を使ってプレーをする

バレー・野球(ピッチャー)も速い打球、速い投球のときは、

肩関節を大きく後ろ方から前の方に動かしていると思います!

46a5537d-a4f8-4d23-87b1-de7cf40300d6

 

 

これがサッカーでは股関節の動きとなります!

脚を大きく後ろに引き、そこから前に勢いよく振ってくることで、

ボールに力が伝わり、強く速いシュートが打つことが出来ます!

74aa3f2c-3f80-4b26-aedf-d31bac5e0fdf

 

 

良いシュートを打つにはボールを上手く蹴るだけではなく、

上手く身体を使えることも非常に大事になります!

身体を上手く使って蹴ることができれば、

もちろん良いシュートも打てますし、

怪我をする可能性も低くなります!

怪我をしなければ、しっかりトレーニングも出来る、しっかりトレーニングが出来れば、

良いシュートが打てるようにもなってくるのではないでしょうか!

fc7f4ec7-93d3-4b94-be73-b67e1c58be32

 

 

話が少し派生していますが、トレーニング前後のストレッチや

体幹トレーニングやヨガトレーニングを取り入れることで、

より上手く身体を使い、なおかつ怪我のしにくい身体を作ることが出来ます!

82d6c685-49d5-440a-9ba7-41e19b1c7d76

 

 

フォームが綺麗だからプレーやシュートがより一層良くなる!

フォームもプレーも軽やかに滑らかに美しく!

eb6edd26-ae6d-4814-8b22-a082b40d7537

 

 

本日参加してくれた皆さま、ありがとうございました。

来週の水曜日も金曜日も雨予報ですよ。。。

またみんなの協力が必要です!てるてる坊主を作って吊るして晴れを祈りましょう!!!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727