MENU

長岡京SCジュニアユース(U-15)

攻撃の立ち位置に加えて守備の立ち位置もトレーニング!攻守両面で積み上げていきます!

2019.12.13

From:上野 敦也

 

12月13日(金)は長岡第9小学校にてトレーニング!

 

この日は体験会を兼ねたトレーニング!

今回もご参加いただきありがとうございます!

85c74b54-0d51-40d7-b28b-37fa05f6be6f

 

 

トレーニングのテーマは「守備の立ち位置」をメインテーマにトレーニング。

最近は攻撃のトレーニングが多かったのですが、今回は守備をメインにトレーニングを進めて行きます。

今回特に行ったポイントはボールがない時の立ち位置の改善。

試合やトレーニングで多いのが、簡単に背後を取られたり、ギャップにパスを通されたりし、相手に押し込まれるシーンが多い事。

OFFの守備時の立ち位置を「理解」することで、良い立ち位置からプレッシャーをかけることが出来、後手に回らずに守備をする事が目標!

 

 

守備の強度をトレーニングの中から上げ、強度の高い守備が「習慣」になるように。

何度も何度も伝えているところではありますが、人間「習慣」を変えるのは本当に難しい。

少しづつではありますが、ジュニアユースも変わりつつあります。

より早く「習慣」を変えるために、全員で「理解」を深めることに取り組んでいこうと思います。

 

 

まずは1vs1から。

何処に立ち、何が優先か?を落とし込んでいきます。

サーバーを付け、攻守ともにOFF(ボールを持っていない状況)の状況を作ったところから始めます。

守備側は、まず簡単に背後を取られないこと。だからと言ってゴールに張り付いていてもボールは奪えません。笑

なので守備側は、インターセプトを狙えて尚且つ背後を取られない立ち位置に立つこと。

この立ち位置からいつ?どこまで?寄せれるか、がポイントになってきます!

1368dafd-86bc-48fd-aeb7-7cce7edd000a

 

 

寄せる距離が遠かったら相手に自由にプレーされてしまうので、相手との距離と体の向きで相手のプレーにどれだけ制限をかけるることが出来るかが重要。

 

 

立ち位置、距離感を理解したところで今度は2vs2にして人数を増やしていきます。

こちらもサーバーを付けてOFFの状態を作ったところからスタート。

今度は2人いるので、守備者のギャップも出てきます。

2人のギャップと背後を取られないような立ち位置から。

気にすることが増えた中でも、優先順位は守れるよう、チャレンジとカバーを徹底。

3c3e2a3e-56a3-4a6b-a296-fef52862cad9

 

 

さあ、ゲームでは出来るかな?

d4b32943-a958-4ea8-b826-fa0ce8f3517a

 

 

うーん...微妙...

何名かには意識は出てきていますがまだまだ「理解」していない選手が多い...

107515e8-9816-4715-991a-5923f22418df

 

 

根気よく積み上げていきましょう!!

 

また来週も頑張ろう!

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727