MENU

長岡京SCレディース

『クロスボールのキックを中心にトレーニング!もちろん火曜日なのでフィジカルも!』

2019.10.29

From:川田 雄一郎

 

10月29日(火)@長岡第9小学校にてトレーニングを行いました!

 

今回のトレーニングは、康平コーチとひろコーチが担当!

フィジカルトレーニングとボールを使ったトレーニングを併用し、みっちりトレーニング!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0009

 

 

今回のトレーニング、まずはしっかりとフィジカルトレーニングから。

運動量のあるプレーは長岡京SCレディースでは当たり前。さぼったりすると、チーム全員から怒られます。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0005

 

 

でもその体力が無ければ、さぼっていることにもならないためそれが一番最悪で、要するにさぼることも出来ない選手というレッテルを貼られてしまう。笑

だからこそ、ベースであるフィジカル能力が非常に重要でしっかりと走れる体力を付けることで試合中でもさぼることなく走れるようになれます。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0003

 

 

現代サッカーではボールを使って走るトレーニングをすれば一番良い。

ボールを使いながらフィジカル能力が上げられたら何よりも一番。

でも、それだと私たちが求める運動量と心肺機能の向上を求められないことがあったりもするのが事実

だからこそ、私たち長岡京SCレディースは毎週火曜日に身体作りのトレーニングを行い、3年間で戦える選手へと育てていきます

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0004

 

 

走れる選手ってとても素敵ですよ。

だって守備側からしたら全力で背後を狙ってくる選手は嫌でしょう。

それが後半残り10分などでもどんどん背後に走って来られたら絶対にしんどいはず。

現に、プレミアリーグのリバプールはそういった運動量を全面に出し、今シーズン相手を圧倒する試合運びをしています。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0006

 

 

もちろん、リバプールにはとてつもなく高いスキルがある選手たちがいるので、運動量だけではありません。

それでも、長岡京SCレディースも相手を圧倒するようなチームを目指してもいいはず。

技術でも、運動量でも、選手たちひとりひとりの人間性でも、相手を圧倒していきたい

 

それが目標。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0010

 

 

フィジカルトレーニングのあとにはボールを使ってキックのトレーニング!

正面からのキックと横からのキックの2つを行います!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0011

 

 

背後を狙うロングキックと、みんなが苦手な横からのキック(クロスボール)!

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0012

 

 

さて、ボールの行方はどうでしょう?笑

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0013

 

 

面を綺麗に作ってボールをキックすることが出来ていれば、自分の意思通りにボールは飛んでくれるはず。

あれ?ってなるということは、面が出来ていないか、自分の蹴りたい方向に対するパワーの伝わり方が間違っているはずです。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0002

 

 

スパーンというクロスボールが蹴れる、

相手の背後へピンポイントのロングパスが出せる、

そんな選手たちになってくれたらチームとしても個人としても幅はかなり広がるでしょう。

caeded606fe45a05b92656bf1c916e3c2_26467586_191030_0001

 

 

今週末、いよいよ迫ってきました関西ジュニアユース大会。

1回戦は宇治さん、強豪です。

2回戦はJOYさん、強豪です。

3回戦はフラミンゴさん、強豪です。

 

うん、全部強豪です。笑

間違いなく、長岡京SCレディースよりレベルは上のチームだらけ。

そんな相手に対して勝利を目指すにはチームひとりひとりが全力で戦い、相手を圧倒するプレー、気迫を見せないといけない。

それが出来るかどうかは土曜日、日曜日次第。

さぁ、それまでに出来ることを最大限取り組もう!

 

ではまた!

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727