MENU

長岡京SCジュニアユース(U-15)

ゴール前の攻防!いかにしてシュートまでいくのか!

2016.10.20

10月19日(水)のトレーニングではシュートをメインにトレーニング!

相手をかわしてからのシュート、縦に行くと見せかけてから中へ切り返してのシュートなど様々な形でのシュートを行いました!

シュートを打つ時のポイントは大きく分けて2つあると思います。
1つ目はボールの置き所2つ目はゴールの四隅をしっかりと狙うこと。

強いボールが蹴れる場所にボールを置くことはとても大切で、当たり前なのですが、強いシュートが飛んでくるのと、弱くスピードの遅いシュートが飛んでくるのとでは、GKへの負担は全く違ってきます。
そして、その強いシュートをゴールの四隅に蹴ることが出来れば、得点の機会は多いに高まり、それがシュートの技術の向上となるのです。

また、お馴染みの「観る」という技術もここに入ってきます。シュートの時、GKをしっかり観て、空いている場所にシュートをする。

ゴール前での攻防なので、GKを観る余裕のない瞬間もありますが、まずは、しっかりと「観た」うえでシュートをするということがシュートの技術の習得には大切になってきます!

長岡京SC ジュニアユース 川田雄一郎

エンブレム

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727