MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

7/23-29 活動報告(U12)

2019.07.30

6年生、待ちに待った伊豆長岡遠征です。

まずは歌うK事務局長から。

7/26から28の3日間、30年ほど続く伊豆長岡遠征に行ってきました!

line_540363291758710

姉妹都市交流の一環として始まった交流で、30年間天候などによる中止を除いて毎年連綿と続いています。

一番の目的は伊豆の国市の長岡SSSの子どもたちのお宅に民泊させていただき、1人でも多くの友だちを作ることです。
4年生の時にさなるSSSさんとの交流で一度民泊は経験しているので、不安に思っている子はほとんどなく、とても楽しみにしている様子でした。(^^)

line_540525203072815

昨年は残念ながら台風の影響で大会は中止(詳細)となってしまいましたが、長岡SSSさんとの交流はなんとか続けることができたのですが、なんと今年も出発の数日前にいきなりの台風発生でまさかの2年連続で大会中止の危機に直面します。。
(この時期に台風に見舞われるのやはり気候変動の影響なんでしょうか。。)

出発前日の夜に大会開催か中止かの会議が行われ、結果をドキドキしながら待ち、台風の影響は少ないと判断され「なんとか開催します」との連絡を受け、ホッと胸を撫で下ろしました。。
(ホントによかった〜)
この学年は伊豆長岡さんと交流する機会が何度かありましたが、台風や公式戦の都合で交流できなかったので先方も当方も大会の開催に大喜びでした。(^^)

line_540389465597606

初日、いきなり大渋滞に巻き込まれますがなんとか予定通りに伊豆長岡に到着。
みんな笑顔で待望の交流がスタートします。
まずは伊豆長岡市長さんをはじめとする方々による歓迎のセレモニー、子どもたちの交流戦、そして大人たちの交流戦も実施と大いに盛り上がりました。

dsc_2280

dsc_2288

dsc_2286

line_543631132310067

line_543649979563133

line_543686191249161

line_543680114098590

また、夜は指導員や育成会の皆さんによる歓迎の交流会も開いていただき、とても温かいホスピタリティを感じながら1日を終えました。

line_541033216713558

line_541403407608730

line_541409496829092

line_541417621457110

line_542019202689589

line_541472139442454

line_541477809388024

line_541561372754920

2日目の夜は帯同して頂いていた保護者の皆さんも参加しての懇親会で大いに盛り上がり子どもだけではなく大人も親交を大いに深めることができました。

また日中はグランドでのお茶や冷やしタオルの準備など、3日間に渡りこれ以上ないぐらいのおもてなしを受けて感謝の気持ちでいっぱいになりながら遠征を締めくくることができました。

line_542188910767024

line_542230258152008

line_542260741947726

最後のお別れ会では民泊でお世話になった子どもたちやご両親といつまでも別れを惜しむように話したり写真を撮ったりしていました。
到着したときはお互いカチコチだったのに一晩でこれだけ変わるんだ、という驚きを今年も体験することが出来ました。
またバスが出発するときは涙を流して手を振って下さる保護者の方もいて、本当に暖かく迎え入れてくれて頂いているということ実感します。
3日間朝から深夜まで本当にお世話になりました!
3月は長岡京で精いっぱいおもてなしさせていただきます!

line_541505012493326

交流の簡単な歴史や3日間に渡り歓迎して頂いた様子を少しでもご紹介できたところで。。
子どもたちのサッカーの話題はそれぞれの担当コーチより報告してもらいます。

 

今年も2チームで参加させて頂きました。
今年は台風で中止になった昨年度の前の2回の大会で連覇しているので3連覇がかかった大会になりました。(プレッシャー。。)
全48チームで優勝を争いますが、結果は如何に。。

GはAコーチから。

月曜日の朝、シャンシャンシャンシャン鳴り響く蝉の声を聞きながら、駅までの道を歩きます。
「オモロかったなー」
とてつもなく濃密だった3日間を思い出しながらの現実逃避の時間です。
駅に着く頃には蝉の声も少なくなってきます。
伊豆長岡にいたのは昨日まで、長岡京の駅名が現実に引き戻します。

(´-`).。oO「仕事出来ひんパターンやな」

さてGチーム、新編成での挑戦です。

新編成にした時によく訪れる産みの苦しみでしょうか。
なかなかチームとしてのまとまりは見えてきません。
ちょっとずつ修正しながら予選リーグを戦い、グループ1位決定戦はWチームとです。

line_542447079157134

いつもSS対決をすると子供たちは普段以上の気持ちと活躍を見せてくれます。
伊豆の地においても例外ではありませんでした。
特にWチームの迫力は凄かったですね。
サッカーに判定があれば負けを認めざるを得ません。
PKで得た一位トーナメントへの出場権は、Wの分も奮起しなけりゃいけない軽くないものになりました。

line_542421459611831

最終日の一位トーナメント、4年生時に民泊でお世話になり、友だちが沢山いるさなるスポーツ少年団サッカー部が反対の山にいます。
決勝で戦えたらドラマチックだなとみんな都合のいい筋書きを頭に浮かべます。
台風が来るとやきもきしていたのが嘘のような暑い熱い日差しの中、両チームの選手は汗を滴らせながらコートを走り回り、都合のいい筋書きを自ら引き寄せます。

dsc_2324

さなるスポーツ少年団サッカー部vs京都長岡京SS、伊豆長岡遠征の決勝戦が幕を開けます。
一進一退の決勝戦は手に汗握る試合となりました。
どちらも集中を切らせる事なく、目の前のボールに食らいつき、延長戦でも勝負はつきませんでした。
選手はもちろんのこと、応援している側も体力の限界です。
気付いた時には他会場にいた伊豆長岡のみんなもコートを囲んで応援してくれています。
PKで優勝とはなりましたが、サッカーに判定があるならば「勝者、全員!!」ですね。

line_542700746591256

サッカーの試合だけでなく、サッカーを通じて得た縁がすんげえ素敵やんと思える、そんな3日間をGチームは過ごしました。

 

Wチームは歌うKコーチより。

これまで1年以上3チーム編成で活動していたのですが、今回は2チーム編成でWチームは久しぶりに一緒になった選手も多くこれまでの成長ぶりをがっつり見れる機会となり1つの楽しみになりました。

line_544194930391207

久しぶりの編成でチームとしてのまとまりに不安がある中で大会初日の予選2試合と順位決定戦に臨みます。
楽しみにしていたガチンコで初対決となる伊豆長岡SSSさんとの対戦も両チームの選手、ベンチ、保護者全員の気合が入り、白熱した戦いとなりました。

line_544409318798000

line_544223198253800

line_545481886301289

line_545477885382800

緊迫した試合展開の中、後半に何とか得点することができ、見事に勝利を飾ることができました。
もう一つの予選の試合にもなんとか勝利、1位通過となり、となりのブロックの1位チームとの順位決定戦はGとのSSダービーとなりました。

line_544639892903016

予選の戦いは勝利は収めたもののチームとしてはまだまだな部分もあり、Gとの決戦までに時間が結構あったので、2試合で気になったポイントを集中的に修正すべく、気持ちを切り替えてトレーニングしました。
最初はグダグダでしたが、途中からものすごくよくなってきて、「やればできるんだ!」という自信をもってSSダービーに臨みます。

これまで何度か対戦しましたが、選手たちの気持ちはいつもの5割増しで気合が入ります。
(いつも5割増しでやってくれたらいいんやけど。。)
いざkick off!
結果は0-0で勝負はPK戦になり、残念ながらWは負けてしまいましたが、試合はコーチたちの想像をはるかに超えたとてもいい内容で、この遠征のベストバウトと断言できる試合でした。(ナイスゲーム!)

何度か完璧に崩す場面も作り出し、最後のところで決められず、前後半はスコアレスドローとなり勝負はPK戦にもつれ込みます。
G、Wそれぞれのの守護神対決ともいえるPK戦はGの守護神のファインセーブで、残念ながらWは敗戦、予選2位という結果になりました。

気持ちを切り替えて大会2日目に臨みます。

翌日の2位トーナメントは各ブロックの2位8チームが終結して優勝を争います。
全日にチームのMAXを見せてくれたので、期待値のハードルの高さも自動的に高くなりましたが(笑)
選手達もそれを自覚しかつ自信を持ったようで、アップから気合が入ります。

昨日の勢いそのままで1回戦、準決勝を勝ち抜き、決勝まで進みます。(やるね!)
決勝の相手はとても技術が高く、スピードもある選手が多く苦戦が予想されました。
それでも前半は押し気味で試合を運ぶことができ、先制にも成功したので手ごたえを感じさせてくれます。(これはいける!)
しかし相手もさすがです。ハーフタイムに修正し、押し込まれる展開が続きます。
後半同点に追いつかれ、試合終了、延長戦に入ります。
相手は後半の勢いそのままで延長戦に入り、受けの展開が続き、追加点を奪われてしまいました。
ここから巻き返すことが出来ず、試合終了で惜しくも準優勝という結果におわりました。
課題が浮き彫りになった決勝戦。
改善ポイントも再確認出来て非常にいい遠征になりました。

伊豆長岡SSSを始め対戦して頂いたチームの皆さまありがとうございました。

 

⚽活動の合間のひとコマ

7月23日、Gチームの選手は、先般行われたフットサル選手権(バーモントカップ)京都大会の優勝及び全国大会出場のご報告を行いに市役所を表敬訪問させて頂きました。

館内では、目にするもの全てが新鮮で、少し騒いでしまったものの、市長の前では、緊張を隠せず随分おとなしい子どもらしさを見せてくれましたね😁

dsc_2239

表敬訪問の後は、大伴団長にご案内頂き議場の見学もさせて頂きました。団長、ありがとうございました!

dsc_2241

そしてこの日は、49期(小4)担当のOコーチの計らいで、長岡天神で必勝祈願の御祈祷を受けてきました。

dsc_2229

dsc_2226

なかなか無い経験をさせて頂いた1日となりました😃

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727