MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

4/9-15 活動報告(U12)

2019.04.16

13日、G・W・R共に公式戦のスタートです。

Gは府リーグ(セレマカップ)の第1節です。

メンバーが増えた新生Gチームの公式戦第1戦です。
Gチーム、5年生の公式戦を終えた後も歩みを止めませんでした。
たくさんの大きな大会に参加し、ストロングポイントを伸ばし、足りない所を補う日々が続きます。

line_8473220857755

フジパンカップ後、コーチとしても色々と考える機会がありました。
この先、チーム・子どもたちに何を求めるべきか。
Aコーチ的には静岡で行われた、日本だけで無く世界のチームが集う大会が大きなカルチャーショックでした。
今までの常識がある意味否定された部分もありました。
そこから取り入れられる部分をどう子どもたちに伝えるか、思案する日々は続きます。

line_2244646464766

line_2232663654667

line_2218592244672

さて初戦、これからの連戦に勢いをつけるためにもとても大事な一戦です。
ただ、緊張との付き合いがまだ上手くは無いGチーム、一抹の不安はあります。

蓋を開けてみるとそれは杞憂に終わりました(笑顔
一人一人の足が動き、全員でサッカーが出来ています。
この春で一皮向けたかのような安定感がありました。
快勝です。

line_22254951358695

line_22262906128276

続く2戦目は前言を撤回しなきゃいけないような試合運びでしたね(泣
心の隙は知らず知らずのうちに顔を出し広がっていきます。

「勝って兜の緒を締めよ」

大切な事です。
結果としては2戦2勝。
次はGW明けです。

⚽大会の合間のひとコマ

dsc_1838

dscn1424

dscn1426

セレマカップ開幕戦。大伴団長も応援に駆けつけて下さりました。 団長、ありがとうございます😆

 

WはGと同様に府1部リーグに所属し強豪との対戦が続きます。
ただ、Wはチームのメンバーが揃って試合に臨むのは数週間ぶりで、さらにWの守護神KT選手がまだケガが癒えずGKとして出場できません。
今回は5年生のTS選手に急遽応援をお願いしました。

line_8683815717466

今節は日刊杯でも対戦した醍醐FCさんと1年前に交流戦でお世話になった修学院さんとの対戦でした。
結果は醍醐さんとはまたしてもドロー、修学院さんには敗戦となってしまいました。

line_8829345516317

line_8852553546777

line_8838763696730

しかしながら内容は戦前の私の予想とは裏腹になかなかいいものでした。
得点のチャンスも多く作れましたが決めきることができませんでした。
勝てそうな試合をモノにするには決定力をあげるしかありませんね。
課題を再認識する1日となりました。

line_8679996552103

大会を運営して頂いたみなさま、対戦して頂いたチームの皆さまありがとうございました。

 

Spring has come! 「♪春なのに~、ため息また一つ~」。
例年この時期は、ヒノキの花粉症に悩まされるAsaコーチ。
また、熱いのも嫌いで夏は苦手であり、来るべき夏を思うと、「♪夏が来る~」なんて、大黒摩季のような気分にはとてもなれないコーチの春は、例年冒頭のような気分になります。

line_1710887969136

さて、Rチームは、U-12山城地区リーグ戦に臨みました。
初戦、いきなり強豪の向日市Wさんと対決。
相手のフォワード陣の迫力ある攻撃に苦しみますが、KT選手・MR選手の見事な連携で、苦しみながらも何とか引き分けで終えることが出来ました。

続く、第二戦。
相手はこちらも強豪ジョイフルNさん。
長岡京ダービーに子供達も自然と力が入ります。
前半、試合に落ち着きが出てきた頃、ジョイフルさんに先制点が入りそのままハーフタイムに。
負けてる展開に勝負を掛けるべく、攻撃陣の枚数を増やす布陣に変更します。
その後は、何とかペースを掴み始め、後半の中頃、NN選手が相手ゴール前の良い所に絶妙な飛び出し、フリーでシュート。
決まったー!と、息をのみましたが、惜しくも枠外へ。
しかし、このシュートでコーチは、何とか出来る!と言う思いが強くなってきます。
そしてその後、コーナーキックを迎えて、普段は相手FWに対して二枚のDFを残すところを一枚にして、SSRの誇るハイタワー陣をゴール前に送り込みます。
するとその一角、半端ないOT選手が何とか競ったボールが、NJ選手の前に転がり、そのままシュート!
待望の同点ゴールが生まれます。
よっしゃー!!と勢いに乗ったチームは、その後すぐに、チャンスを迎え、相手ゴール前でのクリアがIU選手の前に転がり、本人曰く、狙った!?というループシュート!
その間、「入れ~‼」という、SSR関係者の思いが込められた瞬間は、5秒ぐらいの長さに感じられました。
そして、ボールは枠内に収まり大歓声が起こります。
その後は何とかしのぎ切り終戦。
お昼ご飯は、選手も保護者達も大興奮の中でした。

line_1758991370212

line_1753071188079

そして、第三戦。
相手は梅美台さん。
しかし、ここでも、前半に1点リードされ後半に。
後半、再度布陣を変え、大舞台に強いMS選手・エースHT選手を中心に、相手ゴールに何度も迫ります。
しかし、シュートを何本も打てども決まらず。。。
こんなこともあるさ!という展開で終了。
敗戦となりました。

line_1847095965230

試合後、ミーティングを終えて、「さあ忘れて、残りのご飯を食べよう!」と、ミーティングの輪を解こうとしましたが、選手達が燃え尽きて動けません。
「さぁ、切り替えてご飯を食べようぜ!!」と再度声を掛け、その場を離れかけたコーチ。
しかし、子供たちはまだ、動きません。
結局、10分近く動けない選手たち。
泣く者あり。
ただただ、遠くを見ている者あり。
負傷療養中で応援に掛けてくれたST選手や、急遽病欠となったOK選手の分まで勝ちたくて死力を尽くした気持ちは十分に伝わってきました。
その姿を見て、コーチには一寸の後悔はありません。
必死に戦って結果の出ないことも、今後の人生にはあります。
それも知ってくれたら、大きな糧になったのではないでしょうか。
さてさて一日を通して、選手達には本当に楽しませてもらいました。
次回の公式戦が待ち遠しくなる、子供達の大奮闘でした。
春なのに、心の窓辺に赤いスイトピーが咲いたような気分になった、週末の一日でした。

line_1657118913219

最後になりましたが、山城ブロックリーグ関係者の皆様、ありがとうございました。また、対戦頂きましたチーム皆様、ありがとうございました。

 

14日(日)は奈良のポルベニルカシハラさんのお招きでカップ戦に参加してきました。
場所は奈良県明日香村、かの有名なキトラ古墳があるところです。
(詳細はあまり分かりません。。^^;)

line_10111176467547

さて試合ですが、今年度前半のテーマを「得点力」とし試合に臨みます。
トレーニングはできていないので工夫の部分で得点につながるアイデアをどれだけ出せるか、チャレンジを促します。
対戦したチームはどのチームもいいチームばかりでいい経験ができました。
得点につながるアイデアの部分はまだまだですが、粘り強く戦い勝ちをつかみ取る力がついてきたように思います。

line_9951558308076

line_10173658971116

line_10166953323202

line_9955352756929

試合の合間に長い待ち時間が出来たのですぐ近くにあったキトラ古墳に見学に行きました。
2度目の選手もいたようですが^^;
私は初めてで歴史にはかなり疎い方ですが、7世紀末~8世紀初めごろに描かれた壁画(レプリカ)を見ながら少し遠い昔に思いを馳せたひと時でした。
選手たちも熱心に資料や映像に見入っていて意外な一面を見た気がしました。^^)

line_9959767414896

ポルベニルカシハラのスタッフ・選手の皆さま、対戦して頂いたチームの皆さまありがとうございました。

 

⚽体育館練習のひとコマ

line_1461703888815

line_1450402724184

体育館、フットサルボール、少しずつ慣れていきましょう!

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727