MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

1/8-14 活動報告(U11)

2019.01.15

12・13日、長年交流をしている静岡のさなるSSSさん主催「U11 SANARU Challenge Cup 2019 with Mcdonald’s」に参加しました。

遠く静岡に向かうため、朝4時30分に集合です。
眠い目をこすりながらも、久しぶりにさなるSSSの仲間に会えるワクワクが表情から伺えます。

dsc_1329

バスに乗り込み、会場となるつま恋運動場にいざ出発です。

大会には静岡のチームを中心に32チームが集まりました。
長岡京SSはG・W・Rの三チームで挑みます。

dsc_1334

満身創痍!
もともと抱えていたケガ人に加えて、現地に着くや体調不良を訴える子が続出しました(泣)

dsc_1360

色んな状況を想定してチームのリスク管理は行いますが、ちょっとそれを上回る波乱の幕開けとなりました。

ここからは各チームをそれぞれのコーチから。

 

GチームはAコーチから。

GKが骨折明けのため、試合毎にキーパーのヘルプ要請をしなきゃいけないかつかつなGチームです。

とは言え、今大会は全体的にとても楽しめたように思えます。

dsc_14042

小気味いいリズムのパス交換で完全に崩すシーンを作ったり、ノールックパスを披露したり、トリックプレーからゴールを決めたりとサッカーの醍醐味を味わえましたね。
帯同頂いた団長・指導員長のKコーチからも、「本当に楽しそうにサッカーしてるな」と最大限の褒め言葉を頂きました。

dsc_1349

結果としては3位ということで悔し涙を流すことにはなりましたが、敗戦からはGチームとして取り組まなければいけない宿題を頂く事が出来ました。

dsc_13532

試合前のミーティングでKコーチからこうありました。

「最大の目標はあくまで全日、それまではどの大会も通過点と思っていい。もちろん勝負に拘ることも大事だけど、チャレンジする事の方がもっと大事! 今出来ない事を出来るようになれるようチャレンジをしよう!」

Gチーム、「さなるチャレンジカップ」でたくさんのチャレンジをさせて頂きました!

まだまだチャレンジの日々は続くぞー!!

 

⚽大会の合間のひとコマ

dsc_1405

大会本部に掲げられた優勝カップ🏆 ペナントには、長岡京SSの先輩達の栄光が記されていました😆

 

Wは歌うKコーチから。
12、13日は掛川に遠征に行ってきました。
長年交流のある浜松のさなるSSSさん、伊豆長岡SSSさんと5年生の時に浜松あたりに集まって交流しよう!と8年ほど前から始まった3団交流で団の公式行事となります。

dsc_1382

今回は残念ながら伊豆長岡SSSさんが公式戦の日程の都合で参加できなくなり、2団での交流となりました。

現在高2の私の息子が参加したときは8チームの1日大会でしたが、数年前からさなるチャレンジカップと冠した大きな大会になってきました。

dsc_14262

今回は最多の32チームが集まりグランドを6面使っての大規模な大会を開催していただきました。

Wチーム、ケガ人と体調不良で初日は8名ギリギリでしたが、二日目は体調不良者も回復し、何とか戦い抜くことができました。

1547459658744

結果はともかく内容は初日が全くよくなかったですが、二日目はかなり改善することができました。
また、改めて成長を感じさせてくれる選手もいて、いい遠征になったと思います。

1547469822859

ただ選手自身のコンディションや対戦相手、環境などに影響を受けるのは、ある程度仕方ないですが、その中で安定的に力を発揮するためにはどうすればいいか、私も選手も考えていかなければならないと感じた2日間でした。

 

RチームはAsaコーチから。

二日間、選手たちはサッカーと団体行動を満喫しました。
合宿中に気になったことを、選手にはバスで言いましたが、今回のホテルはビュッフェ形式だったため、選手たちが皿にとる食材を注目して見てました。
当たり前ですがビュッフェになると、本当に選手たちは好きものしか皿にとらない!
もっというと、食べられるものしかとらない‼

1547469954803

便利な栄養注入ホースが自分についていれば別ですが、自分で体に入れる栄養素のほかには、絶対にそれ以上のアウトプットは出ないので、月並みですが好き嫌いなく、多くのものを食べるように、これが基本だと思います。

権利と義務の話ではありませんが、義務を果たすから権利を得られるのであって、権利を行使してから、義務をはたすのではありません。
選手たちにとって、食事はいわば自分への義務のようなものと思って、普段から怪我のない体づくりの為を意識して、食事をして下さい。
ただあまり、思いすぎもよくないので、楽しく食事をしてもらうのが一番だと思いますが(かくいう我が家も、おやつを含めた事情は、決して、胸を張れるものではありません)。

1547470035426

さて、この遠征はさなるSSSさんとの交流行事でもあり、夜は懇親会を行いました。
ビンゴゲームは盛り上がりましたね。
6年生まで続くこの交流、サッカーを通じ得た縁は人生の大きな財産になると思います。
子どもたちの人しての成長にとっても大きな意味を持つものと信じています。

dsc_14312

最後になりましたが、さなるSSSの皆さま至れり尽くせりの歓待を頂き本当にありがとうございます。

 

⚽遠征の合間のひとコマ

dsc_1331

朝4時30分、保護者に見送られての出発🚌

dsc_1332

静岡県掛川市に近づくと、自ずとテンションも⤴️⤴️

dsc_1380

一年半ぶりの再開。さなるSSSさんとの対面式💛

dsc_1336

さて切り替え。今回の目的と注意事項を改めて確認します❗

dsc_1343

まずは、準備運動を行いケガの防止に努めます。

dsc_1346

そしてボールを使ってアップ⚽

dsc_1350

その頃、選手のサポートに同行した保護者の皆さんは、大伴団長からさなるSSSさん、伊豆の長岡SSSさんとの交流の歴史について、講話が始まります😅

dsc_136321547474883382

いざ、試合へ⚽

dsc_139115474749774771547474965621

夜はホテルの豪華なビュッフェ🍴

15474751186931547475121788

大いに盛り上がった交流会😆

dsc_14062

大会二日目、熱が更に増します🔥

dsc_1425

試合が終われば、参加した32チーム⚽全てが仲間🍟楽しんでいこうぜ!

dsc_1433dsc_1439

そして別れ…。一年後の来京を楽しみにしています。さなるSSSのみなさん、何度でも言います。「おおきにぃー⤴️」

 

2019年の大きな記念となりました。
子どもたちのかけがえのない経験となる交流を今後もより深めていければと思います。
引き続きよろしくお願いします。

また、陰日向に子どもたちのサポートを献身的にして頂いた保護者の皆さまお疲れ様でした。
あと1年数ヶ月、子どもたちの成長をともに見つめ、楽しみましょう!

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727