MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

12/18-24 活動報告(U11)

2018.12.25

G・W・R共に大一番を迎えた週末となりました。

■Gチームは22日、翌日の公式戦の調整も兼ねてフットサル大会「ENJOY5 〜U11クラス〜」に参加しました。

dsc_1213

何度かフットサルはやってますが、攻守の切り替えの早さ、ダイレクトプレーが普段以上に求められます。
試合を重ねる毎に意識が高まり、随所に良いプレーが見られました。

dsc_1205

ルールを知らなくて失点しちゃうシーンもありましたが、最終的にはルールもしっかり覚える事が出来ましたね。(←覚えてからやらな!というツッコミは甘んじてお受けします)

公式戦に向けて良い調整が出来ました。

 

23・24日、府リーグ5試合です。

目標は1位で終えてニッカン杯の出場権を得ること。
出来れば全勝で。

23日、会場はみどりが丘グランド、雨の影響で水溜りやぬかるんだ箇所がそこかしこにあります。
やっぱりキック力はもっともっとつけなきゃいけませんね。
力無いシュートではゴールを割れません。
相手チームの球際の激しさも素晴らしかったです。
初戦の引き分けに何人もが号泣しました。
これから先を見据えると本当に良い経験になったと思います。
戦い方は色々とあります。
リーグ戦の戦い方、トーナメント戦の戦い方。
どんな相手でも、どんな戦い方でも対応できるチームを目指しましょう!

この日は1勝1分で、残りは3試合です。

imgp4990-1 imgp5001 imgp5004 imgp4974

24日、会場は吉祥院の人工芝グランド。
太陽が顔を出し、天候にも恵まれたクリスマスイヴのこの日、子どもたちはサンタからどんなプレゼントをもらうのでしょうか。

imgp5087

初戦が大一番となりました。
前半の早い時間に取られた一点を追いかける展開。
昨日の初戦同様、守りを固める相手になかなかゴールを割れません。
ただゲーム内容は問題無く、ある種自分たちとの戦いでも有りました。
気持ちを切らさず、諦めず最後まで戦う事が求められました。

imgp5036

打てども打てども入りません。
何度もポストに当たる、スーパーシュートを超スーパーセービングで止められる。
勝利の女神に見放されたような展開でした。

子どもたちは声をかけあって、ただの一回も諦めませんでした。
間違い無くチームが一つになってましたね。
試合終了2分半前に執念の同点ゴール。
怒涛の攻撃でこじ開けた逆転ゴールは、得点後に試合終了のホイッスルが鳴る劇的なものとなりました。

imgp5127 imgp5165 imgp5193 imgp5031

子どもたちがサンタにもらったプレゼントはチームワークだったのかもしれません。

Gチーム、9勝1分で堂々の1位。
ニッカン杯出場権も獲得です。

 

⚽大会の合間のひとコマ

応援に駆けつけて頂いた大伴団長と記念撮影するお父さんたち。
団長、保護者のみなさん、最高の応援をありがとうございます😃

1545665183020

 

■Wチーム、22・24日と大一番が続きます。

22日が日程シードの調整日でしたがこの日のチームは絶好調で2連勝で最終節を迎えました。
残り2試合を残し暫定首位。

1545668119290

24日は最終節で夏以降取り組んできたことの集大成となります。
予想以上の戦績ですが、最後まで気を抜かずに戦い抜くよう子どもたちと話をして試合に臨みました。
アップから今までで一番気合が入っている様子でとてもいい雰囲気でした。
結果は1勝1分で順位はその後の他のチームの試合の結果待ちとなりましたが、得失点差でかろうじて上回り、見事優勝を果たしました!

1545665786942 1545665768057 15456657740811545665705248

4年生からずっと取り組んできたことが見事に実を結び、とても大きな結果を出すことができました。
これに慢心することなくさらなるレベルアップを目指して頑張ることを誓い解散しました。

1545665688667

今日の試合の前に子供たちに、
「日頃応援してくれているお父さん、お母さんたちに今日はみんなで頑張ってクリスマスプレゼントを渡そう!」
と話して臨んだ最終節。
大きなプレゼントを渡すことができました。
次の目標に向かって頑張ろう!

 

■22日、Rチームはニッカン杯出場をかけた大一番です。

1545666278548

A Japanese young football team, Nagaokakyo SSR, unfortunatelly could not get a right to join Nikkan Cup 2019.
However, we cannot help reminding their round robin matches.
A coach, Asa made comments that I would like to express my sincere thanks to all members, all parents, and all related persons.
Parents who have their children in SSR and I had been enjoying their mindful games for a long time.
Let me express my grateful respects to them at most.
If I could continue my voyage with them, I would do so.
I would like to say my respectful words, very many thanks to their fightfull spirits during the games.
ZZZ…. ZZZ…,

今年9月に出航した、SSR丸。
耳慣れない言葉が船内のラジオから響く中、ひとまずの長旅を終え、ひとまず、異国の地に碇を下ろすことになりました。
残念ながら、悲願達成とはなりませんでしたが、選手のみんなはよく頑張りました。
私自身、試合が終わってしばらくしてもT選手が流す涙に、慰めの言葉を掛けに行ったつもりが、逆に共感してしまい思わず泣かずにはいられませんでした。

1545666284380

まだまだ熱さが残る9月下旬から始まったこの戦いですが、ここまで夢を見させてくれた選手達に本当に感謝をしたいと思います。
十分に胸を張れる結果だと思います。
全選手のたくさんの場面が思い出されますが、その中でもハイライトと言える、田辺戦のN選手の会心のミドルシュート‼
サッカー選手にとって冥利につきる1-0で勝利のゲームに決めたあのゴール‼
ミドルレンジから、迷いなく振り切ったシュートの軌道。
ボールがゴールが刺さった瞬間、ヤッター‼と声を張りあげたその満面の笑みと声のトーンと天高く伸ばされた両腕。
興奮して祝福する全員の選手たち。
沸き立つコーチ陣。
そして、思わず目に入った、その瞬間のお母さんの笑顔。
SSRそのものの瞬間が凝縮されたあの場面をいまだに思い出すと、熱いものが込み上げてきますし、そして私の人生でこれからもずっと間違いなく、一生忘れることはないと思います。
(どなたか、あの試合のビデオを持ってませんか?いつの日か将来、20歳を超えた今回のRの選手たちと同窓会を出来れば、その映像で盛り上がるのは間違いなしです)

1545666308874 1545666292833

If I could continue my voyage with them, I would do so.
サッカー選手というよりも、人生って、そう甘いもんじゃないぞ‼っていうものを、みんなと共有できれば良いと思いますし、将来ある選手たちの未来が、より良いものであるように、微力ながら力になれれば嬉しいと思います。
そう思えた、悔しくも、前を向いた平成最後の12月22日でした。
いまだに本当に悔しいですが…。

 

最後になりましたが、運営して頂いたチーム関係者、スタッフの皆さま、対戦して頂いた全てのチームの皆さまありがとうございました!

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727