MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U-9活動報告 11/23,24

2018.11.29

11/23
南山城・洛西支部交流戦@洛南浄化センター

Cコーチから。
今までもこれからも顔を合わせる機会が多い地元チーム同士の対戦。絶対に負けられない戦いです。心なしかどのチームも保護者の方々も多く、応援に力が入ってました。

9c19eabc-a8d0-4488-a71f-9c5f52d2ff2c

GチームもWチームも後ろからつないでいく事、まずゴールを目指すプレーをする事、チームとして攻撃も守備もする事をテーマとして試合に挑みました。

e2d85e7e-9939-4f57-9bda-0f0f40681ebd

ピッチを広く使ったり、味方を追い越す動きで攻撃できたりと、試合の中で色々とチャレンジし得点という結果が得られたのは良かったと思います。特にこの日は色々なパターンで多くの選手が得点できました。

その中でもWチームのR選手の今季初ゴールは、チームも保護者も一番盛り上がりました!
どこまで意図的かは不明ですが、ラインの上げ下げや、スペースを作って走り込むなど頭脳プレーが光りました(グッド)

1c1c6383-0e6b-4807-a947-10f6b6436f702dab0790-cc98-4779-ba69-868e7500b11d

まだまだオン・ザ・ボールの動きに集中しがちですが、こういったプレーをみんな真似してほしいと思います。

5b4785ee-433d-4a7b-b7f9-3822f7a00bd0

主催いただきました南山城支部、洛西支部の関係者の皆様、対戦いただきましたチームの皆様、ありがとうございました。今後とも同じ山城ブロックの一員としてよろしくお願い致します。

—–

11/24
長岡京SSカップ@洛西浄化センター

この日は久しぶりにSS主催の8チームによるカップ戦を開催しました。

日頃から沢山のチームにご招待いただくおかげで、沢山の試合をすることができています。

今回はSSがご招待し、来ていただくことになりますので、自分たちでグラウンドを作るところからスタートです。

普段の練習からミニゲームでゴールを運んだりはしますが、きっちりコートのサイズを測ってラインを引いたり、ゴールネットを張ること、コーナーフラッグを立てる、ベンチを配置する。など色々大変ですね。

お父さんも一緒になってコートを作り、お母さんたちには本部の準備をお手伝いいただきながら、全員で大会を作り上げていきます。

こういった皆さんの支えがあって、サッカーに打ち込むことができることに感謝です。

コート作りは、サイズを測りながらなのでなかなか大変ですが、開始までに間に合うことができ、お母さんたちによる本部設営は、さすが手慣れた感じで手際良くセッティング完了!

d3f2549f-54eb-4334-87d3-d53e84ce24cd9b1390a3-861b-431d-8943-651e5b360118eb5b8381-695a-4a16-9f5c-79e1d659eb6e5b3f7809-dffa-42b5-99e2-12557c05a3ea

準備ができ、団長から主催試合での心得と、「失敗を恐れずプレーをするように。そして楽しいサッカーを見せてください。」との激励のお言葉をいただきました。
大伴団長、朝早くからお越しいただきありがとうございました!

941ad8a3-a8ed-4444-9174-25d17c209eb0f284411e-9fe9-479e-a390-60da1e217b03

気持ちが整ったあとはサッカーに集中です⚽️

いつもの股関節のストレッチからステップのルーティーンを終え、強豪揃いの中どのようなサッカーができるか楽しみなカップ戦のスタート。1試合目はWチームから。

予選リーグ1試合目から交流の深いフォルテFCさんとの対戦。1年生の頃から交流をしていただき沢山の対戦をさせていただいていますが、なかなか勝つことができない強豪チームです。

試合が始まると、いきなり全力の試合運びですが、相手のスピードに翻弄されず、球際でも競り負けることなく全員がしっかり守り、得点こそできませんでしたが得点も与えず価値ある引き分けスタート。

be21be88-ada1-4e70-b766-a98748c03114

続く予選リーグも善戦するがなかなか得点に結びつかず惜しくも敗戦で予選を4位。

グループ3位4位のチームによる順位決定トーナメントでは、予選リーグで0-1で負けたYF NARATESOROさん(「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」へ奈良県代表としての出場おめでとうございます!)との再戦です。

前半にS選手が先制するも後半で2点を取られてリベンジとはなりませんでしたが、最後まで皆んな頑張ることができました。

○良かった点
・みんなで粘り強く守ることができました。
・サボる選手がいませんでした。
・ゴールキックから繋ごうとする意識が見られました。

●頑張る点
・意図のないロングキック(クリア)が目立ちました。
・もう少し自信を持って、ドリブル・パス・シュートをしましょう。
・次のプレーを予測して行動しましょう。

なんとなくの練習ではうまくなりません!
常に試合を意識して練習に臨みましょう⚽

 

続くGチームの初戦は、兵庫を代表する強豪の兵庫FCさん。(「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」へ兵庫県代表としての出場おめでとうございます!)

Gチームはまず守備の意識を高く持って、ボールを受けてからの状況判断のスピードをあげるために、ボールを持っていない時の準備(予測)をテーマとして臨みました。

572e8eff-3f3f-4186-a43f-db31ac5d4d4a

まだまだボールを止めてから判断しようとする選手が多い中でも、意識的に周りをキョロキョロ見る動きも見られました。

前半から動きも良く球際でも負けることなく、後方からパスを繋ぎ、トップのH選手へのラストパスから見事に先制のゴール!その後も何とか守りきり1-0でのスタート。

続く2戦目は、6月に開催された大会の決勝戦で、0-5と為す術なく完敗を喫した田辺サッカースクールさん。個々の技術、パスの精度も高い上、判断のスピードが早くドリブルとパスの使い分けも上手いチームです。SSの皆んなもリベンジに燃えての試合開始!

128f153c-5e81-4b1a-b954-a52a8d0b92e0

自分たちのやろうとするプレーが見られましたが、ちょっとしたトラップの置きどころや一瞬の判断のところでもやはり相手は一枚上、綺麗なサイド展開から崩され、予測と出足の差で縦パスも見事にカットされたりでした。が、直接対戦することで学んだことも多く、試合後の子供たちのコメントにありましたが前回ほどやられた感もない中、冷静に相手の良い点が見られていたので自分たちのプレーのイメージに繋げて欲しいと思います。

予選リーグは2位通過で、1位2位チームによる順位決定トーナメントでは、3位決勝戦にまわり、フォルテFCさんにWチームのリベンジを果たして第3位。皆んなで頑張った結果です。おめでとう!

SS全体としては、ここ最近の試合で、ボールを持っていない時の準備を課題として、早い判断をするための予測を心がけています。今回のようなスピードとテクニックのあるチームから学ぶところは沢山あったと思いますので、また次からの練習、試合に繋げていきましょう!

3c3aeae3-5bc3-4d59-8982-e437a7111da4ace63c63-f71b-4098-9145-519b02ced2656e3d2149-4f08-439a-8593-18333e18c041

最後になりましたが、遠方からお越しいただきましたチームの皆様、本当にありがとうございました。今後とも長岡京SSをよろしくお願い致します。

d513fecc-0441-48be-a91b-6b53db2d1f2b

44626d66-5cd9-4567-b58a-80c1ffb271ca4640fdd5-be3b-4686-8ea8-55015fc43370

【長岡京SSカップU-9 大会結果】

◆予選Aブロック
1位 西宮SS
2位 フォルテFC
3位 YF NARATESORO
4位 長岡京SS-W

◆予選Bブロック
1位 田辺サッカースクール
2位 長岡京SS-G
3位 兵庫FC
4位 宇山SC

◆順位決定トーナメント(上位)
優勝 田辺サッカースクール
準優勝 西宮SS
第3位 長岡京SS-G
敢闘賞 フォルテFC

◆順位決定トーナメント(下位)
優勝 兵庫FC
準優勝 宇山SC
第3位 YF NARATESORO
敢闘賞 長岡京SS-W

f7c883b3-b625-4561-bb30-d0d41d1877f8

今回のブログ担当Kコーチでした。

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727