MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U-9活動報告 11/10、11/11

2018.11.15

11/10
Jリーグ観戦@吹田スタジアム

この日は吹田スタジアムへ、ガンバ大阪と湘南ベルマーレの対戦を観戦しに行きました。

団の低学年行事として、ここ数年はJリーグ観戦を実施してもらっています。

日本でもトップクラスのサッカースタジアムで観戦することで、プロの選手のプレーはもちろん、観客の声援やスタジアムでの雰囲気そのものも楽しめることが、子どもたちにとって貴重な経験になります。

何を見て、何を感じるか。
いいサッカーを見て、いい感性を養いましょう!

集合時には、団長と事務局長の歌うKコーチからご挨拶をいただきました。
0eb6fd74-554f-4830-bf77-12524dedfcee

電車を乗り継ぎ現地に到着すると、スタジアムの中から鳴り物が鳴り響いています。ワクワクしながら観客席に座り、スターティングメンバー発表に合わせての「オーレ!」がスタジアムにこだますると、一気にボルテージが上がります⤴️

8a767b25-6fb2-4ed0-95a8-b4febc47678a

プロの試合を見て、ボールタッチが上手いなぁ、だけでなく、ボールを持っていない時の動き方やタイミング。スローなパス回しから、スイッチが入ったように一気にスピードに乗ったパスと選手の連動、緩急の使い方のところを見て感じ取って欲しいですね。

これからもどんどんトップクラスのプレーを見て、たくさんの良いイメージを頭の中に蓄えて、それを少しでもできるように実践、チャレンジしていって欲しいと思います。

ゴールが決まると、大人も子供も大盛り上がりでした。

4577e045-9e37-4b83-adce-e472bbcca393

やっぱり、サッカーは見ていても楽しいですね!

956b8e5b-8f80-40c6-af2a-a16a9a22c7eb3e970d8a-a7d7-420b-b8cf-a09c4a80458ffea49dc9-5710-4646-a53e-30cfc9f9ec5c155a045a-a6d5-4f2f-9bc1-e6872c21c3a1

一緒に来ていた2年生も盛り上がっていました!

c720c9ad-509c-4ae6-9f4e-bcb9941fd00d

企画してくださった団の方々、ありがとうございました。

—–

11/11

練習@大山崎フットサルコート

11月11日は、ポッキーの日。
立冬を過ぎてもなお、ポッキーのチョコもすぐに溶けてしまう夏のような日差しの中、ポッキーには目もくれず、みっちり練習しました。

股関節のストレッチ、ラダー、ステップワークのいつものルーティーンからですが、ちょっと慣れてくると姿勢が正しくできていない人が目立ちます。慣れでやってしまい、ついつい流す感じにも見受けられます💦

c3594a2b-03f2-4a8f-8979-043813b5f3cb

正しい姿勢を習慣にすることで、動き出しの一歩に大きな差が出てきます。たかが一歩かもしれませんが、ほんのコンマ数秒の差が決定的な差になるので、これから先に中学生、高校生になった時、この良い習慣が身を結ぶことになります。

リフティング練習では、回数だけでなく声を出して数えながら手を叩いたり、一度に「足と手としゃべる」を同時にするので頭もフル回転。
なかなかできないですね😅
でも大丈夫、繰り返しすれば必ずできるようになります!

c7bfa6b0-e82d-4ecd-9a37-523521da81c5420e57b3-8cb3-4007-916e-969c3f39064fc0827dfd-473a-4585-a2eb-e99c5a6b2bd4aa04ffec-5ff0-4918-ba73-c343f268078b0f426d27-bbc3-41bc-af64-2145911c1d165c978a61-cf3a-4b75-93e2-b0adc62a0f7e1e838c8d-db79-40c2-96d1-cca5b931d80c

シュート練習では、ペアでスタートし、ポストプレーヤーにボールを出して、どちらかにパスをもらった人がシュートを狙います。

もう1人の動き方がポイントで、シュートを打つ人がキーパーとの1対1の状況でオフサイドにならないように気をつけながら、下がり気味についていき、マイナスでパスをもらえるようにサポートの位置取りをする。

シュートを打つ人も無理やりシュートを打ってキーパーに当たらないか判断し、キーパーを引きつけたところでフリーの仲間へのパスをして、より得点の確率が高いプレーを選択する。

実際にやってみると、シュートを狙う人が焦ってパスを前に出してキーパーに取られたり、もらう方も前のめりでオフサイドポジションにいてしまったり💦

こういったことは繰り返し練習をすることで覚えていくことなので、タイミングの感覚を養いながら、試合でチャレンジしていって欲しいですね。

最後はミニゲームです。
試合は楽しいですが、今日の練習で新しいことを学んだプレーをチャレンジする試みが一番大事なところです。ただただボールを追いかけて、自分のやりたいようにやっているだけでは、自分もチームも上手くなりません。

「練習でできないことは、試合でもできない。」

「ミニゲームでチャレンジできないことは、試合でもチャレンジできない。」

だからこそ、一つひとつの動き方やプレーの意味、目的を考えながらできるように、練習の中で地道に積み上げて、実践できるように心がけていきましょう!

 

今回のブログ担当、Kコーチでした。

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727