MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U-9活動報告 6/9,10

2018.06.14

6/9

遠藤塾カップ

試合組は、朝日新聞社さんとガンバ大阪の遠藤保仁さんがプロデュースするサッカースクールの遠藤塾さんが主催する「朝日新聞 202x未来ノート『遠藤塾CUP』」に参加してきました。

ゲストには、遠藤塾のメインコーチである遠藤選手の実兄で元Jリーガーの彰弘さんが来られていました。開会式では「とにかくサッカー楽しんでください」という言葉が印象的でした。

初めてのJ-GREENの広大な施設のピッチに立ち、子どもたちも興奮気味。

6434fb55-a827-489b-ac2d-8b0ec3b002e1

開会式直後から早速試合です。

まずは、予選リーグの3試合。予選1位通過のチームのみ次の決勝トーナメントへ進むことができる狭き門です。

4e4a3e86-a9e4-4c4b-8355-b9b1e402ad3434a80ede-3a98-4d24-afe8-07dfed6f36d4

普段とは違うフットサルコートの狭いコートでの7人制。この大会は参加者が最大14名で1試合毎に全員が出場するルールですが、この流れは普段からも経験していることで、前半組と後半組に分かれての試合となりました。

d7d1f5d1-fde3-4cda-8291-6ab48575f7e77f42d2c3-6fb2-4dc3-bf35-1f4a4c764dcdb9db5e27-6d1c-4eef-95ca-bc214a5fc09f

試合が始まると狭いコートでしかも7人制なのでスペースもない状況の中、早いプレスを仕掛けて攻撃のチャンスを掴みたいところですが、第1試合ということもあってか身体が動かない選手もいて、7分ハーフの短い時間でマイボールの時間が多いけども決定的チャンスを活かせず、0-0のドロースタート。

d86ecfb4-740e-4ac6-8c17-5e7c507cb0d5aa7df1d0-e0e0-4cee-8889-8b86966d97597701a5bf-7e47-4644-818f-d148e9fc0e92

2試合目、3試合目と重ねるに連れて、徐々に慣れていき、どちらも3-0で何とか予選リーグを1位で通過!

道具も整頓して気持ちを整えて。

515bab57-2137-4703-9357-ac0282a85df00c3a4ee2-0bbf-442a-bb55-a1592f78595a

決勝トーナメントを前に、ご意見番Yコーチが応援に来られてみんなを鼓舞していただきました。

さて、準々決勝は、フットサルチームと思われる独特の戦術で序盤はロングシュートに脅かされるも、GKのN選手のミラクルキャッチなどもあり、少しずつチームとして対応できはじめた時間帯で、S選手のヘディングシュートが決まりました。

後半も押し込まれる時間が多かったですが、GWの大会で活躍した若林源三ことA選手がゴールに立つと、ロングシュートを危なげないキャッチを続け、彼から起点となり繋いで攻撃が始まりました。

試合終了間際、こぼれ玉を押し込むゴールもあり、2-0でみんなの高い集中力で何とか勝ち上がりました。

準決勝は、準々決勝で消耗したのか、疲れの見える一戦になりました。キックインで狙いを持ってやれずに、全くチャンスにつながらず、逆にカウンターをやられてしまうという悪循環。シュートも枠外やポストに当たるなど、0-0で終了しPK戦へ。

ツキに見放されたかに見えましたが、SSには若林くんがいます(笑)

1人目のキッカーが外すという嫌な流れを物ともせず、自らシュートも決め、何と3本連続シャットアウトして辛くも勝ち上がりました!

いざ決勝戦。32チームの頂点に立てるか!?

日本代表さながら、アンセムが響き渡る中での入場シーンから決勝のフィールドに向かう選手たち。みんなに拍手で迎えられ一列になって入場してくる姿は格好良くサッカー選手そのものでした。これだけでも素晴らしい経験だったと思います。

決勝戦のみフルピッチとなり、これまでの3倍のコートのしかも大ゴールでありながらオフサイドが無い?という変則ルールでの10分ハーフ。

開始早々に出会い頭にミスから失点し、オフサイドポジションから更に失点。ディフェンスは下がるざるを得ず、間延びした状態で一方的押し込まれました。

後半はラインを押し上げてコンパクトになりましたが、オフサイドが無い中で、そのルールを上手く使われて失点を重ねました。ただ条件は同じですので、単純に実力差での完敗。

特に止める蹴る、そして走力に大きな差を感じました。試合後何人かは泣いてましたが、この悔しさを次につなげて欲しいです。

1人1人の実力差は大きく、上には上がいることを実感し良い刺激になったかと思います。

1e492ba7-c348-4f91-8b6a-e2c9a4b9fa2c

結果は0-5と残念でしたが、2位とは思えない大きなトロフィーと素敵なメダル、遠藤選手のサインに参加賞の数々、少しの達成感と多くの悔しさ。たくさんのものを持ち帰る事ができました。素晴らしい大会に参加でき感謝です!

f36c6388-dfd1-4933-8809-2f3eecf12d073a246a57-9670-4319-9b63-0464dc2ca003

チームとしては、団結力・一体感が原動力となり、見事決勝戦まで進出できたことは素晴らしいことです。

9c6617fd-f26a-4ba6-abb4-b844613bd349

試合以外でもトークショーなど貴重な経験ができて良かったと思います。

主催されました遠藤塾や関係者の皆さん、対戦いただきましたチームの皆さん、本当にありがとうございました。

—–

J-GREENで予選リーグを見終えて、練習組の待つ長法寺小へ。

練習組は8名だけで、いつも通りにうんていからのスタート。まだ最後までできない人がいますね。。ボールを蹴るだけでなく、身体全体を普段から動かし、刺激をして、この年代のうちに思い通りに身体を動かせるようにしていきましょう。

07a4cd07-95e8-40f3-9d1e-9ac6a77e6f5c7f995682-7f54-4df3-882e-043837455e7a

ラダー、股関節のストレッチ、ステップワークを終え、この日は、改めて基本となるリフティングやボールフィーリング、キックに時間を割き、良い形でボールを捉えることを意識した練習をしました。

434204a3-4185-48fe-ab44-1a12d4979d4966c65a65-3b23-48c6-a99f-6471453cfccb

1:1のトレーニングでもファーストトラップを特に意識すること。ミニゲームではただただ試合をするのではなく、数的優位の考え方を持って今ドリブルなのかパスなのかを状況判断しながらプレーすることを意識してやりました。

667c193c-6017-4c7a-be1a-fa38bac14eb238c3fb0d-7f46-4419-9243-1004bab4e00d80269d26-4579-4744-82d7-c46de73cae2a

毎回の練習を一つひとつ目的意識を持って取り組むことで、しっかりと積み上げることができるので、まずは頭で理解し身体で表現することを意識的にこれからも続けていこう。

ddc94419-baf9-46cc-8d5c-0aeba8761e0a

—–

6/10

この日も2チームに分かれての活動でしたが、雨の予報に泣かされました。

午前中に予定していた主催のTMを止む無く中止にしましたが、この日は結局夕方まで雨が降らず終い💢

一方、久御山町スポーツ少年団さん主催の「第5回 久御山カップ」は滞りなく開催されました。

12チームが参加し、8人制の15分ハーフで予選3試合のリーグ戦を戦い、順位ごとの順位決定リーグ戦へと繋がります。

6795f60f-a082-43fe-a410-0bd0c12f9bf4

1試合目はチャンスも多かったですが、決めきれずに1-1のドロースタート。

fbbbab7a-5c5c-48b6-87c3-3ac798f3c2a836c5eb1c-ed25-4709-87b1-c0aa88bfb012

2試合目、3試合目は勝つことができ、惜しくも得失点差で予選2位通過。2位リーグでも2試合とも勝つことができグループ優勝をすることができましたが、ディフェンスのR選手を中心に中盤のS選手の個人の活躍が目立ちました。

12472756-04f1-43f5-9172-989fe37f3d0988e84c79-c538-4aba-b488-234519c694e1bd7b424c-d622-4f77-af9c-02dc5809c6f5

全体的にボールへ寄りすぎ、ボールが来ても焦ってついつい蹴ってしまうなど、まだまだ仲間との連携がうまくできません。

もっともっとサッカーの試合を見て、ポジションの役割りなどまずは見て学び、頭で理解するところから実際のプレーに結びつけられるようにイメージを膨らませていきましょう。

9dd6485d-d7ac-41d9-9ac9-325126d99f33b7469a29-a752-4763-86d4-e88ec3ad12d3

結果的には負けはしませんでしたが、改めて個人差が浮き彫りになる大会になりました。そんな中、初試合のH選手やトップでR選手が体を張って行く姿勢があるなど成長を感じました。

まだまだ止める、蹴る、運ぶといった基礎練習が必要だと感じる1日でもありました。

それでもみんな一生懸命頑張った結果が2位リーグ優勝で締めくくることができましたね🏆おめでとう!

20e7c66e-33eb-48e3-abe6-423a37fc758993713271-f9ae-442c-828c-5bbcc86067e3556c7516-5f87-4fce-a49b-aeaf24b90896

主催されました久御山町スポーツ少年団さん、対戦いただきましたチームの皆さん、ありがとうございました。今後とも同じ山城ブロックのチームとして長岡京SSをよろしくお願い致します。

今回のブログ担当Kコーチでした。

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727