MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

12/23-25 活動報告(U9)

2016.12.29

■23日、3年生ブルーは三木クリスマスカップ2016に参加しました。
ここ数試合の課題でもあった「球際での強さ」をテーマとしました。1対1のマッチアップの場面では、いつも以上に「負けるな!」と声をかけ子どもたちの奮起を促しました。
みんなの頑張りもあり、結果は優勝となりました。が、「球際の強さ」に関してはまだまだ課題が残りましたので、翌日のチャクラネストさんのカップ戦に持ち越しとなりました。
主催して頂いた三木スポーツクラブさん、対戦して頂いたチームの皆さんありがとうございました!
1482913716314

24日はチャクラネストさん主催の師走杯2016。今回もテーマは「球際の強さ」とし、1対1では負けないことに取り組みました。
フィジカルの強い相手とも対戦ができとてもいい機会となりました。前日よりも課題に対する意識が感じられ、1対1の場面での迫力は成長を感じさせるものがありました。そして、結果も優勝。よく頑張りました。
主催して頂いたチャクラネストさん、対戦して頂いたチームの皆さんありがとうございました!

2日間を見たAコーチの感想。
技術はそれなりについてきましたが、逆に技術に頼りすぎて足先でいくプレー、当たりの軽いプレーが見受けられます。
今、目の前にあるボールを何が何でも自分のモノにする!
相手が保持しているボールを奪い取る!
キープしているボールは絶対相手に取られない!
そんなボールに対する『執着心』を身に付けられると、さらなるステージに上がれると思います。
1482913720643

 

■レッドチームも、12月23から25日にかけてそれぞれカップ戦に参加しました。
3日間通してのテーマは不変、「各人が球際での勝負に負けない(そこで、ボールを持てるか、取られるかで、攻撃にいけるか、守備に回るかは、とても大きな違いを生む)」。「守備でも攻撃でも、相手より何とか一歩先に出てボールに触る(何が何でもの気持ち)」。
「自分がドリブルしていて相手に取られたり、パスミスした場合ほ、必ず自分が取り返しに行く(取られた瞬間に、ボールを持った相手の1番近くにいるディフェンスの選手は、取られた自分自身=ファーストディフェンダー)」。そして、ゴールや勝ち負けは、これらの事の積み重ねの結果である事を胸に刻んで欲しいと発破をかけました。

23日は、如是FCさんのポプラカップ。結果は5位に終わりましたが、後の2日間への手ごたえを掴んだ1日でした。また、スローイングの練習や、サッカーのルール講座など、冬休みの宿題よろしく、基礎のおさらいにも、取り組みました。
1482913811010
24日は、ブルーメンバーと共に、チャクラネストさんの師走杯。結果は3位‼︎。手に汗握る展開のなか、最後の試合を勝ち切り、3位を掴んだ事は、大きな自信となりました。

25日は、主催のクリスマスカップ。緒戦を3-4と惜敗したものの、(今年最後の)残り2試合を勝ちで締め括り、優勝には届かなかったものの、気迫がこもったナイスゲームを終日してくれました。

こちらもAコーチからの、今年最後のメッセージを皆んなへ。

気持ち・気迫が大切なのは、サッカーに限らず人生の全てにおいて一緒。苦しい時の一歩二歩、諦めない気持ち。それをサッカーで身に付けて欲しい。
気持ちさえあれば、大概の事は、後からどうにでもなる!。

最後になりましたが、お招き頂いた、如是FC、またチャクラネストの関係者の皆様、そして対戦頂いた全てのチームの関係者様、大変ありがとうございました。

1482913756563

 

■今年最後を締めくくるため、主催試合を12/25に開催いたしました。
ブルーは優勝、レッドもブルーと決勝戦で死闘を繰り広げたチームに1回戦において僅差で敗れ下位トーナメントに回りましたが、その後は見事連勝し5位に入りました。ブルーもレッドもこの1年間取り組んできた成果を発揮できたと思います。
大会に参加していただいた各チームの皆様ありがとうございました。
来年も引き続き交流をよろしくお願いします。

さて、1年間を振り返りずいぶん成長したなぁ~ってのが実感です。と共に子供たちの成長を目のあたりに出来た事をとても嬉しく思っています。
この1年間は伝統のドリブルサッカーをベースに、状況判断をテーマに掲げ、少しずつではありますが、視野が広がってきたと思います。4年生になるまでに、もう一度基本をしっかりと身につけ、ドリブル突破・1対1に強い選手になるために取り組んで行きたいと思っています。まだまだ3年生なのでこれからますます成長してくれると確信します。
来年もリスペクトの精神を大切にし、サッカーを大好きになることを念頭において、個で局面を打開できる選手になることを最大のテーマに掲げ、その中で状況判断が出来るように取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが今年1年交流してくださった団体の皆様、団関係者の皆様、そして保護者の皆様ありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。

1482913752027

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727