MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

3/10-11 活動報告(U10)

2018.03.14

10日は全員で練習です。

 

Asaコーチから。

この日は、久々に2チームが揃っての練習となりました。
参加者全員で同じメニューをしましたが、Kコーチは、Wチームで長く行動していた子供達も上手くなったなぁと感想を話していました。

昨年10月から約5ヵ月間、ほぼ同じメンバーで行動してきましたが、大人にとっての5ヵ月と、子供のそれとでは、まったく意味あいが異なる事を再認識しました。

4月からは5年生。
空間的にも、時間的にも、サッカーをやる幅が広がります。
種の起源で有名なダーウィンは言いました。

「強いもの、賢いものが生き残るのではない。変化できるものが生き残るのだ」

変化を楽しみつつ、子供達の成長に付いて行きたいと思います。置いて行かれないよう努力しますが、こちらが追いつけないスピードで置いて行ってくれるなら、それも大歓迎です^_^。

※写真はありません🙇

 

11日、チャクラネストさん主催カップ戦組と練習組に分かれます。

「第6回CNグランドチャンピオンシップ」はAコーチから。

快晴です。
北京ダック(※)の季節到来です。
※こんがり日に焼けた肌ツヤ状態。最も高級な北京ダックは歌うKコーチ

1520838308922

今日も意識するのは、
・アップからの切り替え
・試合にしっかり入るムードメーク
です。

1520838235105

ちょうど1ヶ月前のTM以降、以前のような波が収まりつつあります。
これがたまたまなのか、意識の持ちようの差なのか、子どもたちは気づいているはずです。
もちろん、一日中張り詰めている事は出来ませんし、逆に良くない事もあると思います。
リラックスするときは思いっきりリラックスする。
集中する時は意識・姿勢を切り替える。
5年生を前にし、精神的な成長もあり、こういった事を徐々に意識し行動に繋げられるようになってきました。
ただ、まだまだ緒についたばかりです。
さらに高めていきましょう。

1520838327522

さて、試合内容はというと課題も多々ありましたが、このチームではなかなか見た事がないいいシーンが2つありました。
1つはプレスを受け狭いスペースに追いやられた中での短いパス交換から逆サイドに展開するダイレクトパス。
2つ目はセンターライン近くからのドンピシャアーリークロス。

1520838201647

ゲームを構成する中で新たな選択を実践したシーンでした。
視野の広さと的確な判断が成せるこういった展開をもっともっと織り交ぜていきたいですね。

主催頂きましたチャクラネストさま、対戦頂きましたチームの皆さまありがとうございました!

1520838189854

 

■大会の合間のひとコマ

1520838305870

仲良し😃🍒😃

 

練習組は、Asaコーチから。

10小で練習です。

突然ですが、オーヤマ杯での白星の白にこだわり、白髪染めを先延ばしにすると言う、誰にも分からない努力?をしていた私。
努力は人知れずするものと言い聞かせ、ラッキーカラーヘアをなるべく多くする努力をしてきた日々に残念ながら、一週間前倒して、サヨナラする事にしました。
また、人知れずゲンを担ぐ日が来れば、喜んでさせてもらいます! ←言ったそばから、決意が薄れてます…。

1520837843497

さて、当日は、Asaコーチ名物、「地獄の柔軟体操」から始まりです。
毎度のごとく、アガッー!、ウボー!など悲鳴が響きます(^^)。しかし、子供らの身体の硬さは、進化してませんね〜。
完全に進化が停滞しているケースも見られます。

1520837837724

そしてこの日は、これまた名物。
コーチの趣味と子供達の指導を兼ねた万能練習、「極楽の走り込み」も実施。
何故、あれが極楽かって?。あれに付いていっていれば、ゲームなんて極楽!と涼しい顔しているような子供達が出てくるよう期待を込めてのネーミングです。

本当はあの3倍くらい走らせたかったけどね〜。
次回をお楽しみにヽ(^o^)。

1520837834975

この日でオーヤマ大会に照準を合わせたチームでの活動は終了となります。
次週からはチームのメンバーも変わります。
環境の変化をどう活かすか?
Asaコーチのダーウィンの名言と共に、Aコーチからもみんなにメッセージを。

「ひとつのドアがしまった時には、また別のドアが開く」(セルバステン)

それぞれが新しいドアを開き、それぞれの変化を遂げて欲しいなと思います。

 

(´-`).。oO「♫どどどどどどどどど ドラえもん♫ にどこでもドアを出してもらって、楽したいなーと思っているAコーチみたいになったらダメだよ」

 

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727