MENU

長岡京サッカースポーツ少年団

U9:活動報告(2/3)

2018.02.08

2/3

主催大会を開催しました。

今回は、当初からギリギリの人数で、風邪(インフルエンザ)にならないで(^∧^)

しっかり予防は、前回の記事にも書いた通り、季節がら「☆ヨリモ(福)ニネガイヲ」の1週間。

鬼(風邪)は外(ダメ)!

福(元気)は内(良し)!

朝から豆をまき、「福」がきた様です(^v^)

20180204_234439

Gチームは、「個」から「チーム」への脱皮中。

コーチ陣も、「思考:しこう」を脱皮中ですが、私の「脂肪:しぼう」はなかなか脱皮できません。

記事の「趣向:しゅこう」を変えるのは、とても簡単で、今回は、豆ほどの「脱皮」をしてみました。

「しこう、しぼう、しゅこう」たった1文字ちがうだけで「脱皮」の難易度は、大きな差です。

脱皮とは、

「自分の体(能力)が成長していくにつれ、その外皮(過去の自分)がまとまって剥がれることで、一気に更新(覚醒)される様である」

byウィキペディア(要約)

ちなみに、「脱皮」小学3年理科で習う様で、聞いたことないのは、学校でzzz..

1517745871816

さて、試合。

試合前、硬い殻を打ち破るヒントを出し、自分達の力で殻を抜け出せるか?

焦って、周囲が殻から出すと、見た目の違い(成長)は確認できますが、当人は、脱皮の仕方が分からず、次のカテゴリーでは「殻」のまま。

変化は少しずつで、注意深く観察しないと気がつかないですが、気長に観察日記をつけ続けます。

20180203_133601

今回の試合でも、選手達は、一生懸命、殻を打ち砕こうと頑張りました。

一部試合では、ようやく、殻の破り方がわかり、少し殻が取れてきました。

20180203_141417

いつの日か蝶となり、羽ばたく事を楽しみにしています。

さて、日々成長はサッカー以外も同じ事。

「脱皮:だっぴ」とは、深く調べることで、学者への第1歩になるかも??

1517745876292

Rチームは、これからどんな「スタイル」で望むのか思案中。

「春夏秋冬」好きな季節(スタイル)は、みんな違うけど、嫌いな季節があるのは、もったいない。

1年の1/4は「損」をしているって事だからね。

見方(考え方)を変えて、どのスタイル(季節)でも、「良い点」を見つけてみよう。

「春」は、最も穏やかな気候で、花々がつぼみをつけ、満開になる時期。

「夏」は、晴天が持続するので人々が行動的になり、戸外活動などを積極的に行う時期。

「秋」は、暑さがやわらぎ過ごしやすく、行事も多く開かれ、たいへん賑やかな時期。

「冬」は、雪を楽しめ、その年を締めくくり一年間を振り返る行事が多い時期。

byウィキペディア(要約)

20180203_110405

さて、試合。

気候は比較的穏やかだったのですが、氷山を登る様な厳しい試合が続きます。

個人の守備に関する2つのテーマ、選手達は、何度も、何度も、登頂にチャレンジしました。

途中、1人が怪我で負傷し7名になっても、皆で励まし合い、最後まで頂上を目指しました。

次は、氷山に登れる準備(練習)をしっかりして、もう一度、氷山にチャレンジしよう。

それまで、しっかり、「天気図」をつけ続けます。

20180203_110344

「冬」は、

「春」に向けて、その年を振り返り、次に生かす時期。

「夏」に向けて、活発に動ける基礎体力を向上させる時期。

「秋」に向けて、公式戦での戦い方をイメージする時期。

自分なりに1年間のイメージをしてみよう。

20180203_125604

主催大会に参加頂いた皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

今後とも宜しく御願い致します。

1517745894133

おまけ)

しあいごとにかいてる「きじ」、3ねんせんせいのみんなに、よめるように、ひらがなで、かくのはかんたんだけど、よめないかんじ、いみのわからないことばはしらべてほしい。

これからならう、「えいご」の「ちょうぶん」とおなじように。

「かいがい」でサッカーするつもりなら、「ごがくりょく」はひつようだからね。

サッカーだけでなく、まいしゅう、すこしずつ、かしこくなろう!!

どうやってしらべるかをかんがえることも、とてもだいじなことですよ。

協賛スポンサーについて

一般社団法人 長岡京スポーツクラブ 〒617-0828 京都府長岡京市馬場井料田1-18
Tel.075-406-6717 Fax.075-406-6727